伸びる子、伸びない子

新しくお子様を預かった時、

最初に確認しているところがあります。

それは

「答え合わせがしっかりとできるか?」

というところです。



勉強が「できる」子と「できない」子の差は

間違いに「気づく」か「気づかない」かという点が

大きいと思っています。



「できる」子は

自分で間違いに気づきます。

そして、「どこが間違っていたか」を確認し、

自分で修正します。

わからなければ、質問をして解決します。



「できない」子は

間違っていることに気づきません。

間違っているのに「○」をして

しまいます。



「間違っている」ということに

気づいていないので、

いつまでたっても、

何回やってもできないままです。



仲間の塾の先生の言葉に、

「勉強とは
 
 『できないこと』を『できる』ようにすること」

というものがあります。



きちんと答え合わせができないと、

「できないこと」がいつまでも

できないままになってしまいます。



そして、「答え合わせ」の正確性は

小学校時代、特に低学年のうちに

養っておく必要があると

感じています。



低学年の内容は比較的簡単なので、

間違っているのに○をしていても

周りが気づくことができます。



高学年、あるいは中学に入ってからだと

内容が難しくなってきます。

パッと見て、答え合わせがちゃんと

出来ているかどうかがわからないことが

多くなってきます。



低学年のうちに、

「自分で」「正確に」

答え合わせをできるようにしておくことが、

後半の伸びにつながってくると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック