猿田塾ってどんな塾?

猿田塾ってどんな塾?

先生が教える時間が少ないのに

成績が上がる猿田塾。


「一体、塾で何をやっているの?」

という疑問にお答えし、

生徒の普段の1日を大公開します!



☆登校☆

まずは挨拶から。

みんな元気よく挨拶してから入ってきます。

画像




☆「やることリスト」へ記入☆

まず最初に「やることリスト」に記入します。

画像


画像


最初に「目標点」や「テストまであと○日」を書きます。

毎回書くことで、常に「テスト」を意識して

課題に取り組めるようになります。



☆授業開始☆

「授業内容」を確認し、各自課題に取り組みます。

「やるべき科目や内容」は生徒により異なるので、

1人1人に合わせて「授業内容」を設定しています。

※臨機応変に対応するため、あえて手書きにしています。

画像


画像



先に進めたいところや復習したいところは

映像授業で確認します。

画像



先生があれこれ教えてしまうと、

生徒に「依存心」が芽生えてしまいます。

それでは、「自分から勉強できる」ようには

ならないんですよね。



生徒が自分で考えて、それでもわからない場合、

そこで初めて先生が教えます。



☆生徒が身につけたこと☆

猿田塾では「勉強のやり方」を徹底して教えます。

正しい勉強法を身につけることができれば、

あとは生徒自身の力で進めることができます。

画像


画像




☆授業の最後☆

最後に、今日の授業を振り返ってもらいます。

振り返ることで、自分の考えをまとめる力や

客観的に物事を見る力を養うことができます。

画像




今日も1日、よく頑張りました!

画像


************************************************
無料学習相談 受付中!

・ガクンとテストの点数が下がってしまった…
・勉強のやり方がわからない
・テスト前にしか勉強しない
・「勉強しろ」と言うのに疲れた
・親の言うことは全く聞かない

などなど…

お子様の学習状況にお悩みのお母様。
そんなお母様のお悩みを、
私、猿田が解決します!

相談は無料ですので、
どうぞお気軽にご相談下さい。


<相談方法>
以下のメールアドレスに、ご相談内容をお送り下さい。
saru1978nori423@gmail.com


ご相談内容は自由ですが、
うまく思いつかない場合は、
次の項目を参考にご相談下さい。

1.お子様の学年
2.どの「科目」「単元」でつまづいているか?
3.学習状況(家でどのくらい勉強しているか)
4.テストの点数(可能ならば)
5.志望校

※お名前は、匿名で構いません。

※メールアドレスについては、相談の返信のみに
 利用させていただきます。
 相談以外の目的(宣伝等)には使用しません。
 ご安心下さい。
************************************************

まりかちゃん、誕生日おめでとう!

まりかちゃん、誕生日おめでとう。

最近、自分から積極的に勉強を

がんばるようになりました。

精神的に成長したな~、と

嬉しく思います。



部活の部長にも選ばれて、

中学校生活も充実しているようです。

これからの成長がますます

楽しみです。

この調子でがんばっていこうね。

緊急事態発生

今日でほとんどの中学のテストが終了。

バタバタした2週間が終わり、

「とりあえず山は越えたかな…」

とちょっと安堵しながらトイレに入った

昨日の夜。

どうもトイレの調子がおかしい…。

いつもと水の流れる様子が違う…。



いや~な感じがしたが、

とりあえず流れるものは流れたので、

「明日になれば改善されるかな?」

と淡い期待を抱きつつ、今日を迎える。



で、今朝。見事にトイレが詰まってしまった。

「どうしよう…。『カッポーン』って

 やつはないし、どうすればいいかわからない…」



困った時は即「Google検索」。

すると真っ先に出てきたのが「クラシアン」。

「水道トラブル5千円~♪」というCMソングと

ともに作業服姿の森末慎二が。



「背に腹は代えられない」とばかりに

24時間年中無休のフリーダイヤルに。

「担当支社より折り返します」との

コールセンターの指示。



すると、10分ほどで折り返しの電話が。

素早い対応に感心しながら電話に出る。



状況を説明し、一刻も早い救援部隊の

到着を期待するも、どうも電話の様子が

おかしい。

「詰まったトイレはお一つですか?」

「お宅にトイレは一つだけですか?」

何でこんなことを…、と思っていた矢先、

衝撃の事実を知らされる。



「実は松本・安曇野地域は

 今日は予約で埋まっておりまして、

 明日の朝イチでないと空いていないんです…」



終わった。

だが、他に頼るところは思いつかない。

「明日の朝、お願いします…」



実はこうしたトイレのトラブルは

まれにあります。

テスト直前になると、トイレに異常をきたす。

前の塾でも同じようなことがありました。



生徒にとってはそれだけ

「テスト」というものが

プレッシャーになるんだろうな、

と改めて思いました。



クラシアンの予約が今日いっぱいなのも、

もしかしたら、他の塾でも同じことが

起きているからでは…?

なんて勝手に想像してしまいました。



朝から大変な目に合いましたが、

幸い隣の豊科公民館さんに相談したら、

快くトイレを貸してくださるとのこと。

ありがとうございます。



また、昨日まではテスト対策で

生徒がたくさん来ていましたが、

今日からはほぼ通常通りに戻るので、

生徒の数が落ち着くのも救いです。

これが昨日でなくて本当によかった。



「塾やっていると、色んなことがあるなぁ…」

としみじみ思った今朝でした。

ティッピングポイント

9月からジムに通って

週2回トレーニングしています。

「ハーフマラソンのタイムを縮める」

というのが表の目的。

裏目的は「ダイエット」です。



40超えたおっさんが、

ダイエットのためにジム通い、というのは、

なんかちょっと気恥ずかしいので、

「少しでもタイムを縮めたいんです!」

という顔をしつつ、

「腹、引っ込まないかな…」

と心のなかでつぶやきながら

トレーニングに励んでいます。



トレーニングの効果か、

タイムの方は順調に縮んできています。

「この歳になっても、まだまだ成長できる!」

という手応えを感じつつ、

「張り切ってケガをするのだけは避けよう…」

と、『年寄りの冷水』回避を心がけています。



一方で、裏目的である「ダイエット」の方は

なかなかイメージした通りになっていません。



「今まで月100km走っていたのに加えてジム通い。

 これはもう痩せるっしょ。」

と期待に胸膨らませていたのですが、

なかなか思うように減りません。



とりあえず2kgは減ったのですが、

そこからがなかなか減らない。

運動に加えて夜あまり食べないようにしているのに

それでもなかなか減らない。

歳のせいなのか。はたまた内臓脂肪の頑固さなのか。



ただ、その一方で腹回りは絞れてきたらしく、

ベルトの穴が1つ縮まりました。

それでも体重が変わらないので、

どうしたもんかな~、と思っていました。



そして数日前、いつものように

体重計に乗ってみました。

前日の夜に食べすぎてしまったので

あまり期待していなかったのですが、

今まで「壁」となっていた数値よりも

体重が減っていました。



「あれ?あんまり期待していなかったのにな?」

と思ったのですが、それでも嬉しいことには

変わりない。



ジムのトレーナーに聞いてみたら、

「体重は最初に2kgほど減るけど、

 それは水分などのむくみがなくなるから。

 そのあと、トレーニングをすることで

 脂肪と筋肉が入れ替わるから、体重は

 あまり変わらない。入れ替わりが終わると

 体重が減り始める」

と教えてもらいました。



まさに自分がたどってきた道そのもの。

ということは、これからガンガン体重が減るのか!

とまたも期待に胸踊らせながら

トレーニングに励んでいます。



かなり前置きが長くなってしまった…。

で、何が言いたかったのかといえば、

「努力しても、結果が出るにはある程度の時間がかかる」

ということです。



「ティッピングポイント」というものがあり、

人は右肩上がりの成長をイメージしますが、

実際には二次関数のような曲線で成長していく

のだそうです。

なだらかだった成長曲線が、

ある時を境に急速に上昇する。

その変化する点を「ティッピングポイント」と

言うそうです。



勉強もまたしかり。

「すぐに結果が出ない」と言って

途中で投げ出してしまう子がいますが、

それではいつまでたっても成長できません。

同じようなことを繰り返すことになります。



結果が出ない時にも、淡々と努力を続けられる。

これは勉強に限らず、

あらゆることにおいて、

成長の秘訣ではないかと思います。

睡眠の重要性

生徒には、毎回授業前に

「寝た時間」「起きた時間」「睡眠時間」を

書いてもらっています。



気になるのは「寝た時間」です。

日付が変わって午前1時、2時となっていたら、

必ず「何をしていたか?」を

聞くようにしています。



特に今はテスト前なので、

聞くと遅い時間までテスト勉強

をしているとのこと。



その意欲は立派だと思いますが、

特に次の日も学校があり、

朝早く起きなければならない場合には、

なるべく早く寝るように勧めています。



「睡眠を削ることは、『命を削る』ことと同じ」

という言葉を聞いたことがあります。

睡眠には、昼間活動して脳が負ったダメージを

回復させる効果があるようです。



先日、ネット記事でこのようなものがあり、

思わず見入ってしまいました。



記憶の定着という意味でも

しっかりと睡眠時間を取らないと

知識が定着しないという研究結果も

出ているそうです。



遅くまで勉強していると

「頑張った感」が出ます。

自分が受験生の時も遅くまで勉強していると

「俺って頑張っているな~」

という自己満足にひたれることがありました。



ただ、今になって冷静に振り返ってみると

遅くまで勉強しても、次の日に遅く起きたり、

その生活が継続できずにリズムを崩したりと、

効果的だったようには思えません。



効果的な勉強ができていたのは

「規則正しい生活」が継続できていた

時だったように思います。



勉強で効果を上げるためには

何もよりも「継続性」が大事だと思います。



後期選抜まではまだ100日ちょっとあります。

この期間にどれだけ

「規則正しい生活」

「しっかりとした睡眠」

をとることで、

「集中した学習時間」

を確保することができるか。



その達成度によって大きく結果が変わる。

そんな気がします。

テスト前、最後の追い込み

テスト前、最後の土日。

中3生を中心に、生徒たちは

朝から晩まで頑張っていました。


☆11/16(土)の様子☆

50FC813D-4611-4A1D-AEDF-A6338B9686D2.jpeg

EE404B72-5A15-4553-A345-39F08233FB57.jpeg

D91380A8-E379-4652-8D66-BEFEF779F376.jpeg

D3F261FD-B445-496F-BFBA-4339CDCE1E36.jpeg


☆11/17(日)の様子☆

D529B89E-520A-42C5-AA3A-10594C0240EE.jpeg

EB94E4AE-C068-46CF-ABA7-B2CEB185FDCA.jpeg

C25AA87D-E2F9-4A37-8FA4-ECC69457C3CD.jpeg

623E9768-660D-4D0C-9B33-A2C9B708D0D1.jpeg


3年生はこのテストで

ほぼ受験する高校が決まります。

朝9時~夕方6時まで、

みっちり勉強していました。



勉強はすればするほど

不安になってしまいます。

3年生はみんな不安そうな顔をしていますが、

逆にそれが「頑張った証」なのでは

ないかと思います。



今年の3年生はとにかく「真面目」。

全体的に静かで目立たない子が多いですが、

地道にコツコツと積み上げてきています。



これまでのがんばりは、

いざという時の自分の支えになります。

まずはテストまであと少し、

最後の頑張りを見せて欲しいと思います。

「0(ゼロ)」の発見

最近「オーディオブック」を聞いています。

朝、教室の掃除をしながら聞いています。

今は「最速で身につく世界史」という

歴史物を聞いています。



その中で、

「インドで『0(ゼロ)』の概念が生み出された」

という話を聞き、思うことがありました。




今では当たり前のように

「0(ゼロ)」という概念を使っているように思いますが、

実は今でも意識しないと「0(ゼロ)」という数字が

出てこない、という気がしています。



というのも、生徒に方程式を教えている時に

「x=0」という答えがちゃんと導けない生徒が

意外と多いからです。



例えば

x+1/2=1/2

という方程式があるとします。

「x=0」が答えですが、

これを「x=1」としてしまう生徒は

多いです。



また、連立方程式で

「y=0」となった時に

2x-y=1

の式に代入すると、

2x-1=1

x=1

とやってしまうような

こともあります。



特に数学が苦手な生徒が

「0(ゼロ)」という考え方を

使いこなせていない、

ということを教えていて感じます。



当たり前のように身近にある

「0(ゼロ)」という数字は、

実は結構高度な発見なのではないか、

ということを思いました。



なお余談ですが、

オーディオブック一番のおすすめは


短時間で大まかな歴史の流れがつかめるので

歴史が苦手な人にもおすすめです。