猿田塾ってどんな塾?

猿田塾ってどんな塾?


先生が教える時間が少ないのに


成績が上がる猿田塾。



「一体、塾で何をやっているの?」


という疑問にお答えし、


生徒の普段の1日を大公開します!




☆登校☆


まずは挨拶から。


みんな元気よく挨拶してから入ってきます。


画像




☆「やることリスト」へ記入☆


まず最初に「やることリスト」に記入します。


画像


画像


最初に「目標点」や「テストまであと○日」を書きます。


毎回書くことで、常に「テスト」を意識して


課題に取り組めるようになります。




☆授業開始☆


「授業内容」を確認し、各自課題に取り組みます。


「やるべき科目や内容」は生徒により異なるので、


1人1人に合わせて「授業内容」を設定しています。


※臨機応変に対応するため、あえて手書きにしています。


画像


画像



先に進めたいところや復習したいところは


映像授業で確認します。


画像



先生があれこれ教えてしまうと、


生徒に「依存心」が芽生えてしまいます。


それでは、「自分から勉強できる」ようには


ならないんですよね。




生徒が自分で考えて、それでもわからない場合、


そこで初めて先生が教えます。




☆生徒が身につけたこと☆


猿田塾では「勉強のやり方」を徹底して教えます。


正しい勉強法を身につけることができれば、


あとは生徒自身の力で進めることができます。


画像


画像




☆授業の最後☆


最後に、今日の授業を振り返ってもらいます。


振り返ることで、自分の考えをまとめる力や


客観的に物事を見る力を養うことができます。


画像




今日も1日、よく頑張りました!


画像


************************************************

無料学習相談 受付中!


・ガクンとテストの点数が下がってしまった…

・勉強のやり方がわからない

・テスト前にしか勉強しない

・「勉強しろ」と言うのに疲れた

・親の言うことは全く聞かない


などなど…


お子様の学習状況にお悩みのお母様。

そんなお母様のお悩みを、

私、猿田が解決します!


相談は無料ですので、

どうぞお気軽にご相談下さい。



<相談方法>

以下のお問い合わせフォームに、ご相談内容をお送り下さい。





ご相談内容は自由ですが、

うまく思いつかない場合は、

次の項目を参考にご相談下さい。


1.お子様の学年

2.どの「科目」「単元」でつまづいているか?

3.学習状況(家でどのくらい勉強しているか)

4.テストの点数(可能ならば)

5.志望校


※お名前は、匿名で構いません。


※メールアドレスについては、相談の返信のみに

 利用させていただきます。

 相談以外の目的(宣伝等)には使用しません。

 ご安心下さい。

************************************************

高校発の地域活性化

最近、このような本を読みました。



714Ft1-taPL.jpg


広島県にある「大崎海星高校」の

取り組みを紹介した内容です。



大崎海星高校は、瀬戸内に位置する

「大崎上島」にある高校です。

少子化の影響で、生徒数が減少。

「5年以内に生徒数80名を

達成できなければ、統廃合の対象となる」



そうした「崖っぷち」の状況から、

どのように大崎海星高校を蘇らせたのか。

「高校魅力化プロジェクト」に携わってきた

様々な立場の方々の話(校長、教師、地元民など)

がまとめられています。



実はこちらの本は、

あるセミナーに参加した時の特典として

いただいたものでした。

表紙を見て「離島の高校の話」ということは

わかったのですが、正直

「あまり興味が沸かないな…」

と思って放置していました。



「最近、読む本が偏っているから、

角度を変えた本をちょっと読んでみるか」

と思い読んでみたところ、

すっかりハマってしまい、

一気に読んでしまいました。



このような「高校の統廃合」と

いうのはよくある話だと思います。

現に私の地元、安曇野市でも

そうした動きはあります。



「少子化で子どもは減る一方だし、

高校を維持するのだってお金がかかる。

統廃合されるのも止むをえないんじゃないかな」

と思う一方で、

「もし自分の出身校がなくなってしまうとしたら、

それはとても寂しいことなんだよな」

という思いもあり、なかなか難しい問題です。



こうした全国で問題となっている、

「地域の学校の在り方」を考える上で、

大崎海星高校の取り組みは非常に

勉強になると思います。



「プロジェクトを成功させるかどうかは、

最終的には『人』にかかってくる」

結局最後は「人」なんだな。

この本を読んで、その思いを強くしました。




ぜひご覧ください。


細かいなぁ…

生徒の模試の解答用紙を

チェックしていると、たまに

「これ、どこが間違っているのだろう?」

と思うものに出くわします。



パッと見た限りでは、

正しい答えが書いてあるように思う。

それでも「×」の判定。

そこで、じーっと見てみる。



「漢字の書き間違え」が

原因であることがほとんどです。

「よく見てるな~」と

感心するものもありますが、

中には「これはちょっと…」

と思うものもあります。



2月に行われた信学会の模試が

最近返ってきたので、

そちらをチェックしていたら、

「どこが違うのだろう?」

というものがありました。



「とめ、はね」がきちんと書いていない

くらいであればわかるのですが、

「上の棒と下の棒の長さ」あたりになってくると、

もはや判別不能です。

生徒には「本番では丁寧に書こうね」

とアドバイスしましたが、その一方で、

「なんだかなぁ…」と思いました。



個人的には

「パッと見て、判断できれば

それでいいじゃん」

「社会に出てから、そんな重箱の隅を

つつくように見る人いないって」

と思います。



ただ、一方で、試験である以上、

「採点基準」が必要になるため、

厳しく判定せざるを得ないといった

運営側の事情も何となくわかります。



細かい話ですが、何とも答えの出しにくい、

難しい問題のように思います。

最近入試で「書き」の問題がないのは

こうした点も理由の1つなのかな、

とふと思いました。




ぜひご覧ください。

行動する人、しない人

ビジネス書を定期的に読むのですが、

いわゆる「成功者」の方々の共通点として

「すぐに行動する」という

行動力が挙げられます。



たとえばセミナーに参加する。

講師の先生から、

「〇〇がいいので、ぜひやってみてください」

という話がある。

同じ話を聞いているはずなのに、

結果を出す人と出さない人が出てくる。



結果を出す人は、すぐに行動にうつします。

早い人であれば、その日のうちに行動します。

ある塾の先輩の先生と接した際に

「なるほど」と思ったことがあります。



その先生とお話をしていて、

「後日、また会いましょう」と

いう話になりました。



私の中では

「いつか時間が出来た時でいいかな」

くらいの認識だったのですが、

その先生は

「わかりました。じゃあ猿田さん、

この日は空いていますか?」

とすぐにスケジュールを決めようとされました。



「なるほど。結果を出す人というのは、

こうやってすぐに行動するんだな」

ということを身をもって学ぶことができました。




結果が出せない人は、行動できません。

「いい話を聞けてよかった~」

これで終わりです。



「時間ができたら」

「準備ができたら」

「いつかやる」

様々な言い訳を理由にして、

結局何も行動できません。



先程の自分がまさにそうです。

「後で会おう。」

そう言いながら、すぐには行動しようとしない。

ちょっとしたことなのかもしれませんが、

その積み重ねが大きな差となります。



「いつかやる。その『いつか』は

永遠にやってこない。」

こうした言葉を本で見ました。

物事を後回しにし、行動できない人は

いつまでたっても何も変わらない。

そして成長もしないのだと思います。



まずは少しでいいから行動する。

そしてそれを継続する。

これは大人でも子どもでも、

人が成長していくための

「必勝法」のようなものだと思います。




ぜひご覧ください。


神は乗り越えられる試練しか与えない

最近、アマゾンプライムの「JINー仁ー」

にハマっています。

712P1QAOVDL._SX450_.jpg

「見よう見よう」と思って

ずっと「お気に入り登録」していたのですが、

なかなか見る機会がなかったり、

アマゾンプライムの他の番組

(有田と週刊プロレスと)に心奪われたりと、

なかなか見られずにいました。



そんな中、「1話だけでも見てみるか」と

思ってみたら、すっかりハマってしまいました。

土日の夜に1話ずつ進めてきたのですが、

いよいよ次回が最終回。

今年の受験期間を支えてくれた作品が

終わってしまうので、少し寂しい気持ちです。



そんな「JINー仁ー」ですが、

ドラマの中で、度々出てくるセリフがあります。



「神は乗り越えられる試練しか与えない」



主人公に数々の試練が訪れた時、

この言葉が出てきます。



今日から後期選抜の出願が始まりました。

後期選抜まで残り15日。

いよいよ本番間近です。



「無事に合格してほしい」

それは受験生に関係するすべての人の

願いではないでしょうか。



ですが、受験には合否の結果が出ます。

そして、時に神様は残酷とも言えるような

結果をもたらすことがあります。



誰よりも努力した生徒が不合格となり

肩を落とす。

あまり努力していたように見えない生徒が

合格となり喜ぶ。



そうした現実を目の当たりにするたびに、

「この世には神も仏もいないのか」

と思います。



ですが、時間が経ち、

不合格で第一志望の高校に行けなかった生徒が、

進学先の高校で頑張っている姿を見る一方、

第一志望の高校に合格した生徒が

高校で堕落していく様子を見ると、

「あぁ、神様はちゃんと見ているんだな」

という思いになります。



受験生にどのような結果がもたらされるのか、

それはまさに「神のみぞ知る」ことだと思います。

ただ、合格するにしろ、不合格となるにしろ、

受験生には等しく「試練」が与えられている。



その「神から与えられた試練」に対し、

乗り越えられるだけの力をつけてほしい。

その力は、これから生きる長い人生の中で、

いつかきっと役に立つ時が来る。

そう思っています。




ぜひご覧ください。


「知的好奇心」

生徒の質問に答えていると、たまに

「小さい頃に、自分で考えることを

してこなかったのかな…」

と感じることがよくあります。



最近あったのは数学の「比」を使った問題

についての質問でした。

表面的な数字を追うばかりに、

「その数字が何を意味しているのか」

「どのように条件をそろえればいいのか」

ということに気づかず、解けないでいました。



この問題は、小学校の算数で

「比」をどれだけ深く理解できていたかで

気づくかどうかが変わってきます。



・「比」というものの本質

・実際の数字と何が違うのか



そうしたことを小学校の時に

考えていた生徒であれば

こうした問題に悩むことはないと思います。



こうした知識は小学校で習って

身につけるものではありません。

自分で問題を解く中で、

「なぜ、普通の数字と同じように計算すると

結果が変わるのだろう?」

「比というのは、何を表しているのだろう?」

という疑問を持ちながら、

自分で試行錯誤しながら理解していく。

そうした「知的好奇心」というものが

問われるように思います。



勉強が「できる」「できない」というのは、

結局この「知的好奇心」の差では

ないかと思います。



学力が伸びていく子は「なぜ?」にこだわる。

「なぜこの問題を間違えたのか?」

「なぜこのような答えになるのか?」

「なぜこうした解き方をするのか?」

自分の「なぜ?」を追究する姿勢が見られます。



一方、学力が伸び悩む生徒は淡白です。

「答えはそうなるんだ」

「へぇ~」

そこで終わり。

「なぜ?」を追究する姿勢が見られません。



ではどのようにすれば「知的好奇心」が育つのか。

正直、万人に通用するような答えを

自分は知りません。

ただ、あまりにも周りで

「答え」を与えすぎてしまうと

子どもたちは自分で考えることを止めてしまう

ような気がしています。



間違っていてもいいので、

子どもたちに考える時間を与える。

子どもが導き出した答えに素直に耳を傾ける。

大人にはそうした姿勢が求められている

ように思います。




ぜひご覧ください。


折り返し地点

今日で当塾は6年目に入りました。

手探り状態で始めた塾も、

おかげさまで何とか5年は

続けることができました。



塾仲間の先生がご活躍している一方で、

1人、また1人と塾を辞めてしまう先生や

連絡が取れなくなってしまう先生が

いるのも事実です。

そうした事実を目の当たりにするにつれ

「厳しい世界だな」と思っています。



独立するにあたって、

「まずは3年、がんばってみよう」

という目標を立てていました。

その3年の目標をクリアし、

当初抱いていた「理想」がほぼ実現した際に

「次は10年続けられるようにしよう」

という目標を立てました。



その目標からすると、今日が折り返し地点です。

最初の頃と比べると、

だいぶ塾も大きくなりましたが、

いま、自分が感じているのは

「まだまだ足りない」ということです。

それは事業規模もそうですが、

自分の実力もそうです。



現状に満足することはありませんが、

生徒たちの成長に負けないように、

自分自身、さらに成長できるように

日々精進したいと思います。




ぜひご覧ください。