猿田塾ってどんな塾?

猿田塾ってどんな塾?

先生が教える時間が少ないのに

成績が上がる猿田塾。


「一体、塾で何をやっているの?」

という疑問にお答えし、

生徒の普段の1日を大公開します!



☆登校☆

まずは挨拶から。

みんな元気よく挨拶してから入ってきます。

画像




☆「やることリスト」へ記入☆

まず最初に「やることリスト」に記入します。

画像


画像


最初に「目標点」や「テストまであと○日」を書きます。

毎回書くことで、常に「テスト」を意識して

課題に取り組めるようになります。



☆授業開始☆

「授業内容」を確認し、各自課題に取り組みます。

「やるべき科目や内容」は生徒により異なるので、

1人1人に合わせて「授業内容」を設定しています。

※臨機応変に対応するため、あえて手書きにしています。

画像


画像



先に進めたいところや復習したいところは

映像授業で確認します。

画像



先生があれこれ教えてしまうと、

生徒に「依存心」が芽生えてしまいます。

それでは、「自分から勉強できる」ようには

ならないんですよね。



生徒が自分で考えて、それでもわからない場合、

そこで初めて先生が教えます。



☆生徒が身につけたこと☆

猿田塾では「勉強のやり方」を徹底して教えます。

正しい勉強法を身につけることができれば、

あとは生徒自身の力で進めることができます。

画像


画像




☆授業の最後☆

最後に、今日の授業を振り返ってもらいます。

振り返ることで、自分の考えをまとめる力や

客観的に物事を見る力を養うことができます。

画像




今日も1日、よく頑張りました!

画像


************************************************
無料学習相談 受付中!

・ガクンとテストの点数が下がってしまった…
・勉強のやり方がわからない
・テスト前にしか勉強しない
・「勉強しろ」と言うのに疲れた
・親の言うことは全く聞かない

などなど…

お子様の学習状況にお悩みのお母様。
そんなお母様のお悩みを、
私、猿田が解決します!

相談は無料ですので、
どうぞお気軽にご相談下さい。


<相談方法>
以下のメールアドレスに、ご相談内容をお送り下さい。
saru1978nori423@gmail.com


ご相談内容は自由ですが、
うまく思いつかない場合は、
次の項目を参考にご相談下さい。

1.お子様の学年
2.どの「科目」「単元」でつまづいているか?
3.学習状況(家でどのくらい勉強しているか)
4.テストの点数(可能ならば)
5.志望校

※お名前は、匿名で構いません。

※メールアドレスについては、相談の返信のみに
 利用させていただきます。
 相談以外の目的(宣伝等)には使用しません。
 ご安心下さい。
************************************************

入学式

C62BD8A6-E00A-48AA-8D9B-C75C6AB4A506.jpeg

今日は安曇野市内の小中学校で

入学式でした。

天気にも恵まれ、普段であれば

晴れやかな気持ちで臨めるはずの入学式ですが、

今年は手放しで喜ぶことが難しい状況に

なってしまっています。



GWまで休校が続いている地域があります。

そうした地域を踏まえつつ、

「果たして、学校を再開させることが正しいのか…」

行政の判断も非常に難しいところだと思います。



厳しい環境が続きますが、

結局我々にできることは、

「与えられた状況の中で、

1つ1つ目の前のことに対してベストを尽くす」

それしかないように思います。



思うようにいかない環境の中で、

だんだんと気持ちがささくれていくような

感覚に陥ることがあります。



ですが、そうした中においても、

「感謝の気持ち」を忘れないようにしたい。

日々、そうした気持ちを持つことで、

少しでも心穏やかな時間を持ちたい。

そう思っています。



新入生のみなさん、入学おめでとう。


世界が変わる?

「コロナ騒動の前後で世界が変わる」

「コロナ騒動が収まっても、もう元の世界には戻らない」



最近、そのような話を聞きます。

日本の片隅で、ほそぼそと、塾を営む身分からすれば

「本当にそんなことが起こるのかね?」

と思います。



ただ一方で、これだけ今までの日常生活が

制限されてしまう日々が続いていると、

「ぜんぜん違う世界になるのかなぁ…」

と漠然と思ったりもします。



では、自分の仕事で何か変わるのか?

塾の仕事というのは、「旧態依然」とした

ものであるように思います。



「教え方」には違いがあるものの、

・子どもたちを集めて

・授業(知識)を提供し

・報酬(月謝)を得る

という部分は、どこの塾も

そう多くは変わらないと思います。

そして、それはずっと昔から

続けられてきたことだと思います。



ただ、今回の「一斉休校」で、

「塾に子どもたちを集められない」

という事態が起きました。

普段ではまったく考えたこともなかった

事態が起きたわけです。



塾の対応は様々でした。

対策を万全にした上で、

通常通り授業を実施した塾。

一旦休校にした塾。

そして「特別な」対応をとった塾。



「特別な」対応をとった塾は

「zoom」を使ったところが

多いように感じました。

「zoom」についてはよくわからず、

たまにwebセミナーで受講者として

利用する程度でした。



「zoom」を使うことで、

「子どもたちを1ヶ所に」集めなくても

授業を成立させることができる。

緊急事態の対応とはいえ、

これまでにない「塾」の形を

提供することができるところが出てきました。



コロナ騒動が終われば、

これまでのような授業が提供できると思います。

ただ、

「そこで立ち止まって」しまうのか、

「一歩進んだサービス」まで提供できるのか、

対応は分かれると思います。



自分は

「生徒と講師が生で触れ合ってこその授業」

という考えだったので、

「従来通りで問題ないだろう」

と考えていました。



しかし、世界規模で大きな変化が起きる中、

いくら旧態依然とした塾業界でも

「従来通り」のままでは取り残されてしまう。

最近はそう感じています。



その意味で、新年度は様々な変化を恐れずに

色々挑戦しなければならないと思いました。

折しも小学校では新しい指導要領がスタートします。

その目的の1つには

「予想できなかった状況に対応できるような人材の育成」

というものがあったはずです。



「先ず隗より始めよ」

まずは指導者たる自分がその姿勢を

見せなければならない。

そう思っています。

指導者の覚悟

小学生の生徒。

計算がとても苦手な生徒です。

四則計算から怪しかったので、

「百ます計算」を使って

ひたすら練習をしました。



苦手な生徒でも、

真面目に練習する子であれば、

半年くらいでできるように

なることが多いです。

ですが、この子の場合は

なかなか先に進みませんでした。



それでもたし算、かけ算、わり算は

何とかできるようになりました。

ただ、ひき算がどうしてもできない。



一度、いい感じになったことがあり、

「このままいけるかな?」

と思ったのですが、少し休みをはさんだら、

また元の状態に戻ってしまいました。



「もう無理かな…」

「ある程度のままで、次に進んだほうがいいかな…」

これだけできないと、さすがに弱気になりました。



「できないことを無理やりやらせるのは

かえって苦手意識を植え付けるだけになるんじゃないか」

「別の部分を伸ばすようにした方がいいんじゃないか」

色々と悩みました。



ですが、

「ここで中途半端に終わらせたら、

この先もずっと中途半端になる」

と覚悟を決めて、ひたすら練習させました。



そして、昨日。

ついにひき算もできるようになりました。

B3107ADF-B167-4A39-A7B2-F24614660351.jpeg

左側が入塾した当初にやったもの。

右側が昨日やったものです。

ここまで来るのに実に1年かかりました。



生徒は途中、半泣きになりながら

練習していたこともありましたが、

最後まで本当によく頑張りました。



何度もあきらめそうになりましたが、

我慢して本当によかったです。

「まず、指導者があきらめてはならない」

そのことの重要性を、改めて学んだ気がします。

書き写す

生徒を指導していると、

様々な悩みにぶつかります。



「勉強の習慣がつかない」

「字が読めない」

「気持ちが前向きにならない」

「『やらされている』感が強い」



一声かけたら「はい、よくなった~」。

そんなことはありえません。

子どもといえども、

「1人の人間の心、行動」を変化させるというのは

それほどたやすいことではないよな、

と、指導していると思います。



その中で「頑張っているのに伸びない」

というケースがあります。

原因はいくつかあるのですが、

1つ気になるのは

「正確に『書き写す』ことができない」

という点です。



例えば英単語の練習。

テキストに書いてある内容をノートに写して

練習してもらいますが、

最初に転記する段階で間違える子の

多いこと、多いこと。



それから、答えあわせ。

解答の内容をしっかり書き写すことが

できないのはもちろんのこと、

間違えていても「◯」をつけてしまう

生徒が多いです。



中学生ともなれば学習する内容も多いです。

ある程度自分で管理して進めていかなければ

とても間に合いません。

ただ、その前提条件である「書き写す」ことが

出来ない子が多すぎます。



勉強だけの問題ならいいのですが、

こうした状態は意識して改善しないと、

そのまま大人になると思います。



するとどうなるか。

仕事上で書類を作る時、

「見本を見ながら作成する」という時に

正確なものが作成できない。

「お金を扱う」書類ともなれば

ちょっとしたミスでも大損害に発展する

恐れがあります。



さらに問題なのが、

自分自身で「間違えている」ことに

気づけない、という点です。



自分自身が気づいていないだけで、

実は損害を被ってしまっている…。

そんなことが実際に起きているのではないか。

そんな気がします。



「書いてあることをただ写すだけでしょ。

簡単だよ~。」

と思われるかもしれませんが、

その「簡単なこと」が想像以上にできない子が多い、

というのが、子どもたちを指導していての実感です。

4期生のみんなへ

今日で3月が終わり、

明日からは新年度が始まります。

高校の中間テストまで続ける生徒を除くと、

中学3年生のみんなとはここでお別れです。



4期生の特徴は「静か」。

他の期と比べると人数が少なかったこともありますが、

内気なタイプが多く、ともすると「地味」な感じが

してしまう。そんな学年でした。



自分の意見を表に出すタイプの子が少なかったので、

「何を考えているのかな…?」

と戸惑うことは数知れず。

「さて、どうやって導こうか…」

と手探りしながらの指導でした。



そんな君達も、夏休みを過ぎたあたりから、

徐々に自分の意志が固まり、

目標を明確に持つようになりました。

そして、目標に向けて努力できるように

なりました。



思うように伸びる子もいれば

伸び悩んだ子もいました。

上がったり、下がったりを繰り返す中、

思い通りにいかないことの方が

多かったように思います。



ただ、君達はへこたれませんでした。

思うような結果が出ない中でも

目の前にある課題を1つ1つ

乗り越えていきました。



目に見えるような成果は

出なかったかもしれません。

しかし、近くで見ていた自分には

確実に成長している姿を見ることが

できました。



そして、公立高校に全員合格。

最後まであきらめずに努力を続けた

結果だと思っています。



決して派手さはありませんでした。

ですが、4期生のみんなからは

「地道に頑張ることの大切さ」を

教わった気がします。



1つ後悔、というか心残りが。

4期生のみんなとは、出会うのが遅かった。

早い子でも中2からの指導でした。

中1の単元で苦しんだ子が多かったので、

「できれば中1から見たかった…」

というのが本音です。まあ言い訳ですが。



最後に。

4期生のみんなは、合格したけれども、

「第一志望」の高校に進学できた子は

少なかったと思います。

実際に合格体験記でそう書いている子も

いました。



色々原因はあると思いますが、

「準備を始めるのが遅かった」というのが

1つの原因ではないかと思います。



卒塾式でも話しましたが、

高校では同じくらいの学力の子が

集まっています。

ちょっとがんばれば十分に上位に

なることが出来ます。



中学ではスタートに失敗したと思います。

なので、高校ではきちんと

「スタートダッシュ」を決めてほしいと思います。

つまり、

「合格という結果に浮かれずに、

まずは最初のテストまで努力を継続する」

ようにしてほしいということです。



高校入試が思うような結果にならなかった分、

大学入試では思い通りの結果を残してほしい。

そう願っています。



保護者の皆様へ。

大事なお子様を預けていただいて、

ありがとうございました。

思うような進路に進めてあげることが

できなかった子が多いですが、

それはひとえに私の実力不足です。

申し訳ありませんでした。

お子様は本当によく頑張りました。



望む進路ではなかったかもしれません。

ですが、塾に最初に来たよりも

みんな成長してくれました。

うまく言葉では表せないのですが、

「前にできなかったことが、

できるようになった」

ちょっとした変化かもしれませんが、

そう思わせてくれることが

たくさんありました。



今年は卒業間近で、大変なことに

なってしまいました。

本来であれば喜びを爆発してもいい時に

我慢することを強いられる。

本当にかわいそうだと思います。



しかし、子どもたちの人生はまだまだ先が長い。

これから先の人生で、いつか今年のことを

振り返る時もあると思います。

その時に

「あの時は大変だったけど、今ではいい思い出」

そう思えるくらいに、

大きく成長してほしいと願っています。



4期生のみんな、本当にありがとう。

君達と共に歩んだこの1年は、

自分にとって「学び」の1年でもありました。

高校でスタートダッシュ、かませよ!

幼児教育

コロナウイルスの影響で、

活動が制限される日々が続いてます。

昨日は雪も降ったので、

走ることもできませんでした。



「それならば、家で本を読もう!」

と、部屋の片隅に積まれていた本の山に

着手し始めました。

昨日読んだ本はこちら↓

51jGj9M3nzL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg




「佐藤ママ」として知られる佐藤亮子さんの本です。

4人のお子様を「東大理Ⅲ」に全員合格させた、

というスゴ腕?のお母様です。



「ヘンッ、東大に行くばかりが勉強する

目的じゃないやい!」

と、心の中でほっぺたを膨らませて

ブーブー思っていたのですが、

「でも、実際にどんな教育をしていたのだろう…」

という興味が勝り、購入しました。



読む前は

「全員東大理Ⅲ?どれだけ教育ママゴンなんだよ…」

「どうせ小さい頃からゴリゴリ塾に通わせて、

ヒーヒー言わせて勉強させてたんでしょ…」

と思いっきり偏見を持っていました。



ですが、まずパラパラと目次を見てみると、

「3歳までに『童謡』と『絵本』を1万回聞かせました」

と書かれてあり、

「あれ?思っていた感じと違う…?」

と、偏見が薄れていくのがわかりました。



そして、本を読み進めていく中で

「正しい言葉のシャワーを浴びせる」

「英語やプログラミングはやらせなくていい」

「『赤ちゃん言葉』は最初から封印」

など、共感できる言葉が次々に出てきました。



その結果、1冊読み終わった後には

すっかり「佐藤ママ」の信者と化してしまい、

すぐにamazonで次の佐藤ママの本を探すに至りました。



「小さい時に、子どもをこんな風に育てたら、

世の中のためになるような人間に、

成長してくれるんじゃないかな…」

と自分が何となく、漠然と思い描いていたことを

具体的に行動に移して実践された方がいる。

そのことに感激し、同時に勇気をもらいました。



正直、共働きのご家庭で

「佐藤ママ」のように徹底した子育てをするのは

かなり難しいように思います。

ですが、

・童謡を歌ってあげる

・絵本を読み聞かせる

・「日本語」を大切にする

というのは、意識をすれば実行できるのでは

ないかな、という気がします。



「知育」だなんだと、

新しいことをあれこれと模索するよりも、

「古き良き」日本の子育てを復権させることが、

実はもっとも効果的なのではないか。



自分が目指そうと思っている方向性は

間違っていない。

そのことを確信させてくれる1冊でした。