テーマ:理念

知識を教えるよりも

生徒たちを指導していると いつも思います。 「知識を教えるということよりも、  もっと大事なことを教えなければ  ならないのではないか…」 勉強ができる子というのは だいたい「いい子」が多いです。 ・素直に人の話が聞ける ・努力が継続できる ・間違えてもへこたれない ・わからない問題にも  粘り強く対応でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指導のあり方

最近読んだ本の中に、 元トヨタ社員「林南八」さんの 特集がありました。 その中で、 部下を育てることについての話があり、 「知識は一人が百人、千人に対して教育できる。  でも、意識はマンツーマンで教えるしかない」 という言葉がありました。 最近生徒を見ていて、 「ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の教室その3

昨日の続きです。 最後に講演をされたのは、 全国の学習塾のコンサルティングを 専門にしている方です。 私立学校などでも講演をされている方で、 いわば様々な「教育現場」を 見ている方です。 その先生が、講演の最初、 経産省の方が帰ったのを確認して一言。 「皆さん、さっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の教室その2

昨日の続きです。 経済産業省の方の基調講演では 「未来の教室」ということで 現在取り組んでいる様々なプログラムの 紹介がありました。 ※詳細はこちら 一言でいうと、 「現在の『知識偏重』の教育から、  体験を重視した、実践的な『探求』型の教育」 への転換を目指している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の教室

昨日大阪で行われたセミナーに参加しました。 タイトルは「未来の教室」です。 経済産業省の方がお見えになる、 ということで教育行政の最前線の話を 聞いてきました。 また、最先端の教材についての案内(宣伝)も 合わせて聞いてきました。 色々と刺激的な内容で、 「大阪まで足を運ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やることは、同じ

明日で冬期講習が終わります。 ただ、午前中から授業のある日は 今日が最後なので、 実質的には今日が最終日です。 短期間でしたが、みんな本当によく 勉強しました。 冬期講習初日だったと思うのですが、 生徒からこんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「頭がいい」ではなく

子供がよく言うセリフ。 「〇〇は頭がいい」 私は、この言葉が大嫌い。 「頭がいい」という言葉は 努力をすることをあきらめている ような気がするからだ。 「頭がいい」のではない。 「誰よりも努力」しているだけ。 だから結果を残せる。 例えば、塾でやったテスト。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾の役割

「塾の役割ってなんだろう…」 最近よく考えます。 と同時に思うことは 「教育とは何か?」 ということです。 一般的に「教育」というと、 「先生」と「生徒」がいて、 先生が自分の知識を生徒に伝える、 ということがイメージされると思います。 多くの学校の授業は一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自立」と「管理」

先週から保護者面談をしています。 生徒の 「塾で見せる顔」と「家で見せる顔」の違いが わかって、とても勉強になります。 塾にいる時は、みんな一生懸命勉強しています。 特にテスト前は必死に勉強しています。 自分はそういう姿しか見ていないので、 「みんな家でもこの調子で頑張っているだろう」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プロ」とは何か?

走りながら、ふと思った。 「こっちが本気にならなければ、  生徒の成績が上がるわけがない。」 「教える側に『上げてやる』という  気概がなければ、  子供の成績が上がるわけがない。」 子供達は、教える講師の姿をよく見ている。 教える側が半信半疑で教えていたり、 おっかなびっくり教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学ぶ意味

「なんで勉強しなきゃいけないの?」 子供達からよく言われる質問です。 答えは千差万別。 色々あると思います。 私の考えは 学ぶことを通じて得た経験は、 その後社会に出て生きていく上で 様々な場面で役に立つ です。 勉強するということは、 いわば「万能の準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

点数にこだわる

先日のブログで ただ「点数」を追い求めるのではなく、 心の中の「石」を磨けるような 人間になってほしい。 と書きました。 その一方で、 「生徒の点数を上げることに、とことんこだわる」 ようにしようとも思っています。 教育についての意見は千差万別です。 「教育」という面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石を磨く

致知9月号の特集記事より。 野球の前日本代表監督、 小久保裕紀さんの言葉が 掲載されていました。 初めてタイトルを取った翌年のこと。 天狗になり成績が振るわなかった折に、 オールスターで、 当時3年連続首位打者を爆進していた イチローと話す機会があったそうです。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育とは

「教育とは、子供のやる気に火をつけること」 ある本に載っていた一節である。 教育、というと とかく「教える」ということが フォーカスされがちだが、 実際には 「いかに子供のやる気を引き出すか」 が重要なのだと思う。 やる気に火がついた 子供の頑張りはすさまじい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燃えているか?

今年の生徒は全体的におとなしい。 話していると、時に1人で空回り しているような気がする時がある。 やる気があるのか、ないのか。 パッと見るとわからない 子が多い。 だけど、「成長したくない」と 思う子はいないと思う。 みんな「成長したい」と 思っているはず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーダーとは?

セミナーで習ったこと⑧ リーダーとは? 「組織はリーダーの器以上に大きくならない」 プロ野球、野村克也監督の本で よく出てくる言葉です。 最近、この言葉が何度も頭を巡ります。 研修でも、リーダーの話の中で、 「リーダーが進化をやめた時、メンバーは去っていく」 という言葉があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビジネスの本質とは?

セミナーで習ったこと⑦ 「ビジネスの本質」 ビジネスとは、 「お客様の痛みを取り除くこと」です。 塾でいえば、 ・成績が上がらない ・勉強をしなくて困っている といった部分が痛みだと思います。 こうした「痛み」をきちんと取り除くことが できるかどうかが、ビジネスの成否を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「お金」と「価値」

セミナーで習ったこと⑥ 「お金」と「価値」 「お金」は生きていく上で、大切なものです。 お金を持っている、ということは力がある、 ということと同じだと言えます。 もし経済的に独立していないと、 お金に縛られてしまうことになってしまいます。 ただ、一方で「お金」に固執しすぎると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「行動」に落とし込む

セミナーで習ったこと④ 「行動」に落とし込む 目標や志望校を決める。 それ自体はそんなに大変な ことではありません。 ですが、それを「実現」する ことは難しい。 それは、目標を実現させるために 「行動」に移すことができない からだと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「学ぶ」ことの大切さ

セミナーで習ったこと② 「学ぶ」ことの大切さ 「先生が学び続けなければ、  生徒は言うことを聞かなくなる」 ドキッとした言葉でした。 授業を進める上で大事なことは 先生が主導権を握る ということです。 もし生徒が主導権を握ってしまうと、 子供達は好き勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「環境」が大事

セミナーで習ったこと① 「環境」の大切さ 生き物は、死んだら土に還ります。 では土に還ったものがどのようになるのか? それは「環境」によって変わってきます。 石油になる場合もあるし、 土の肥やしとなる時もある。 環境が整えば、それは「ダイヤ」にもなりえます。 同じこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミラクル」はいらない

「奇跡の合格」「一発逆転」 塾や予備校で宣伝文句とされる 言葉である。 実際に模試ではD判定やE判定だった生徒が 本番で合格するというケースは 存在する。 また、こうした「一発逆転」的な話は 好まれるケースが多い。 有名な話では「ビリギャル」だろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢は叶う

「はたして生徒は集まるのだろうか…」 今から2年前、 机と椅子だけが置かれた誰もいない部屋で、 一人弁当を食べながら 不安に思ったことを 昨日のことの様に思い出す。 「いつかこの部屋を、生徒の笑い声と 勉強する姿で一杯にするんだ」 そう高い理想は持っていたものの、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味

夏期講習中はひたすら 生徒の解いたミラクルロードを チェックしていました。 「漢字の間違えはないか?」 「計算間違えはないか?」 「変な記述の表現はないか?」 「間違っているのに、○していないか?」 間違えに気づいていない部分、 理解できていないのに適当に○をして 進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じっと待つ

生徒を指導する上で、 心がけていることがあります。 それは「教えすぎない」ということです。 講師は基本「教えたがり」です。 生徒の質問に対して、 「全力で答えたい」という気持ちとともに、 「自身の知識・経験を人に伝える」という行為は とても楽しいことだからです。 しかし、教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別な授業はやらないの?

小学生の保護者の方と面談をしていた時のひとコマ。 夏期講習についてのご案内をしていたのですが、 「普段の授業内容をそのまま先に進める」という話をしたため、 「何か特別な授業みたいなことはされないのですか?」 という質問がありました。 質問を受けてから、 「なるほど~」と思って色々考えてみたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テクニック、覚えただけ

数学を教えていると、たまに 「その解き方だとわからない…」と 言われることに遭遇します。 自分では、教科書の例題で教えている解き方に沿って 教えているつもりなのですが…。 確認してみると、どうもそれとは違う解き方を 前の塾で教わっていたようです。 いわゆる「テクニック」という奴です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒めて伸ばす?叱って伸ばす?③

一方で「叱って伸ばす」という考え方にも 魅力を感じることがあります。 プロ野球の元監督野村克也さんが好きで、 お書きになった本を読むのですが、その中に 「三流は無視、二流は称賛、一流は非難」 という言葉があります。 箸にも棒にも掛からない三流は 叱っても無駄だから無視する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒めて伸ばす?叱って伸ばす?②

私はどちらかというと 「褒めて伸ばす」タイプだと思っています。 そもそも「塾に来て、真面目に勉強する」という その姿勢だけで既に感心してしまいます。 「自分が中学生の頃だったら、絶対ゲームして遊んでるよな」 と思うからです。 また、保護者の方のお話を伺っていると、 どうしても「で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒めて伸ばす?叱って伸ばす?

褒めて伸ばした方がいいのか? 叱って伸ばした方がいいのか? 難しい問題です。 正直、正解はないと思います。 私も褒める時もあれば叱るときもあります。 ですが、1点心掛けていることがあります。 それは「心から思ったことがあれば、それをそのまま表現する」 ということです。 例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more