テーマ:指導

四連休でも、塾生は…

世の中は今日まで四連休だったとのこと。 そういえば、確かに走っている車の量が多く、 県外ナンバーの車もちらほらと見かけました。 ですが、テストを控えている生徒たち、 特に受験生には「連休」など関係なし。 この4日間、みっちりと塾で勉強していました。 ☆9/19(土)☆ ☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対応により、生み出されたもの

今日は 「公益社団法人全国学習塾協会」 の方とZoomでお話しする機会をいただきました。 ・コロナ休校中の対応 ・現在の周辺地域の状況 ・塾の経営について ・今後の対応について などなど、色々なお話をさせていただきました。 当初30分程度の予定でしたが、 気がついたら1時間ほど話していました。 ご対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外にできない「整数-分数」

中3生は、総合テスト対策として、 過去問を使った練習を増やしています。 その中で数学については、 「まず基本的な問題を、確実に取れるようにしたい」 ということで、全国の問1部分を集めた 問題を解いてもらっています。 その中で、「あれ?」と思うことがありました。 文字式の計算で、 「3x-1/2x」という問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「前向きな心」を作るには

今日は塾仲間の先生の間で実施している zoomを使ったwebセミナーに参加しました。 全国の学習塾の先生のお話を聞けるのは 非常に勉強になります。 また、最初にそれぞれの塾の 近況報告があるのですが、 同じような悩みをおっしゃっていたので、 「どこの塾の先生も同じ悩みがあるんだな」 と、ちょっと励まされた気持ちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中1は2学期が要注意!

中学1年生にとって、 2学期は「勝負の学期」と言えます。 1学期は入学したばかりで慣れないことが多く、 緊張感を持って過ごしていました。 授業内容も小学校の延長で、それほど難しくなく、 テストも簡単でした。 ですが、2学期になると「ガラッ」と変わります。 まず、夏休みを挟んだことで緊張感が解けます。 学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教えたつもりでも

返ってきた生徒のテスト結果を見ていると、 「う~ん…」と思うことがあります。 先日もありました。 数学の作図問題。 円と垂直二等分線の交点を求める問題。 交点を1つだけ出して間違えていたので、 「円との交点は『2つ』出る場合があるから、 1つだけ求めて油断しないように。」 テストで同じような問題が出たのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラクな解き方は身につかない

3年生は1・2年の内容の復習を 進めています。 苦手にする子が多い 「おうぎ形・体積・表面積」のところは なかなか時間がかかります。 そんなある日、円すいの表面積の問題を 復習していた生徒が、 「あれ~っ?」と言いながら、解答を見て ウンウンとうなっていました。 どうしたのかな、と思って聞くと 「友達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中1の指導

中1の生徒が入り始めました。 最初のテストを終えて、 心配になった保護者の方からの 問い合わせも増えています。 中1の生徒を教えて感じたのは 「早い段階で教えるのはやりやすい」 ということです。 中1の1学期であれば、 学習内容がそこまで難しくありません。 なので、パッと見た時に どこを間違えているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後の義務教育

塾向けのメルマガを毎週読んでいます。 今週は「今後の義務教育」についての 展望が書かれていました。 非常に考えさせられる内容だったので、 転載したいと思います。 ぜひ読んでみて下さい。 (以下転載) 『学びのないところに思考力は生まれない!』 ◇昨今の教育は、学ぶこと以上に、子どもたちに考えることを要求しよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず、やる

生徒には毎回色々なアドバイスをします。 ただ、同じような問題を抱えている子が多いので、 同じようなアドバイスになることが多いです。 「◯つけはていねいにやる」 「間違えたところをきちんと確認する」 「字はていねいに書く」 「答えを見ながらやらない」 「まとめノートは作らない」 などなど。 ただ、同じよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積み重ねの差

生徒が問題を解いたノートを、 毎回チェックしています。 地味な作業で、手間もかかります。 ですが、チェックをしてみると、 生徒がどこでつまづいているのか、 よく理解できます。 「わかった?」と聞くと、 大抵の生徒は「わかった」と言います。 ですが、実際に問題を解かせると解けない、 ということは往…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝からお勉強

塾で指導していて、やりたいことの1つ。 それは「朝の勉強」。 朝は「脳のゴールデンタイム」と 言われる時間帯。 余計な雑音もないので、 勉強に集中することができます。 同じ「1時間」勉強するのでも、 「朝」やるのと「夜」やるのでは、 学習効率がぜんぜん違います。 「朝」勉強するために、 今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保護者様の声

猿田塾では、毎回授業の後に、 「Comiru」という塾用のアプリを使って 保護者様に報告を送っています。 「LINE」と同じような感覚で見ていただけるので、 大変重宝しています。 毎回報告をしているので、 コミュニケーションを密に取ることができます。 ちょっと気になった点があったらすぐに確認でき、 また、ご家庭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワーク」でわかる、塾の方針

最近入塾した生徒。 別の塾で使っていたワークが、 うちの塾で使っているものと同じだったので、 「使い回そう」と思い、持って来てもらうことに。 そして次の授業、 「さっそく使おう」と思って開いてもらうと、 解いてもらおうと思っていたページには すでに書き込まれてしまっていました。 「これじゃ、繰り返し解けな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連立方程式

学校が再開し、授業が進んでいますが、 学校によって進度の差はかなりあります。 「遅れを取り戻そうとどんどん進める学校」 「休校前後で変わらず、のんびりしている学校」 何でもかんでも速く進めればいい、 というものではないですが、 少しでも例年のペースに戻そうとしている 学校からは「危機感」が感じられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPad、使いこなしてる?

定額給付金で購入した「iPad」ですが、 おどおどした手付きではありますが、 とりあえず毎日使っています。 今のところ、一番使っているアプリは 「メモ」です。 「画面の白いメモに、Apple Pencilで ひたすら書き込む」 だけという…。 「なら、紙でいいじゃん!」 という声も聞こえてきますが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の入試範囲

先日、久しぶりに塾の体験授業がありました。 2ヶ月ぶりです。 塾の方も、ようやく日常に戻りつつあることを 嬉しく思っています。 で、体験授業を行ったのですが、 確認したところ、 「まったく新しい学年の内容をやっていない」 とのことだったので、新学年の予習から 入ることにしました。 自然と塾の生徒と比べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンライン授業の課題

安曇野市では、21日から市内の小中学校で 授業が通常通り再開されました。 それにあわせて塾も再開しました。 休校中、顔を合わせていなかった生徒と 久しぶりに顔を合わせ、 さっそく指導を再開しました。 休校期間中にも、毎週課題を出していました。 そして、課題が終わったら毎回写真を撮って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンライン授業で大事なものは…

オンライン授業を実施している、 ある塾の先生の言葉。 「オンラインでの指導で絶対的に必要なのは、 『オフライン』での強固な信頼関係」 私もこの意見に激しく同意です。 オンラインで指導すれば、 「うわべの」「パッと見の」指導は 成立させることが可能です。 乱暴な言い方になりますが、 「動画を配信」すればい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中3はいきなり正念場

自宅でも勉強できるように、 生徒の課題を準備し、連絡しています。 今のところ、心配していたよりも みんなきちんと進めてくれているので 感心しています。 「うちの塾の生徒は真面目だな~」 と心の中で自画自賛しています。 学校の課題は「復習」中心だと思いますが、 1ヶ月の出遅れはキツイので、 塾の方では「予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指導者の覚悟

小学生の生徒。 計算がとても苦手な生徒です。 四則計算から怪しかったので、 「百ます計算」を使って ひたすら練習をしました。 苦手な生徒でも、 真面目に練習する子であれば、 半年くらいでできるように なることが多いです。 ですが、この子の場合は なかなか先に進みませんでした。 それでもたし算、かけ算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書き写す

生徒を指導していると、 様々な悩みにぶつかります。 「勉強の習慣がつかない」 「字が読めない」 「気持ちが前向きにならない」 「『やらされている』感が強い」 一声かけたら「はい、よくなった~」。 そんなことはありえません。 子どもといえども、 「1人の人間の心、行動」を変化させるというのは それほどた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児教育

コロナウイルスの影響で、 活動が制限される日々が続いてます。 昨日は雪も降ったので、 走ることもできませんでした。 「それならば、家で本を読もう!」 と、部屋の片隅に積まれていた本の山に 着手し始めました。 昨日読んだ本はこちら↓ 「3歳までに絶対やるべき幼児教育」 「佐藤ママ」として知られる佐藤亮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理科の公式と単位量

理科を教えていると、小学校で習う 「単位量あたり」 の考え方の重要性を痛感します。 たとえば「密度」は 「1立方センチメートルあたりの重さ」 を表しています。 また、振動数は 「1秒間に何回振動するか」 を表しています。 圧力は 「1平方メートルあたりにかかる力の大きさ」 を表しています。 これら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペルミスが…

減らない。 テスト前なので、毎回チェックテストを行い、 間違えたところは次の授業で指摘。 さらに時間を置いて、もう一度同じテストを実施する。 それでも同じところを間違える。 多いのが、 「doctor」を「docter」 「draw」を「drow」 「popular」を「populer」 とするケース。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教科書内容を大切に

テストが近くなってきたので、 生徒達には「小テスト」を実施しています。 勉強してきたことがきちんと身についているか をチェックすると同時に、 「どこでつまづいているのか」を 把握するためです。 その中で「英語」の小テストで 気になる点がありました。 それは 「教科書の熟語表現が、 思っていたよりもでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小5に「速さ」を教えていて気づいたこと

2020年4月、つまり今年の4月から 小学校は新しい教科書になります。 それにさきがけて、対象となる学年では 「移行措置」が取られています。 例えば「速さ」は今までは6年生で習っていましたが、 今年から5年生で勉強するようになっています。 「速さ」は中学になってから、 特に「方程式」の問題でよく出てくるとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塾講師の醍醐味

最近、生徒の成長を感じることが多いです。 例えば小学生。 たどたどしく音読をしていた子が、 急にすらすら読めるようになったり、 たし算や引き算でつまづいていた子が すらすら解けるようになったり、 分数の通分ができなかった子が 速く、正確に解けるようになったり。 中学生も頑張っています。 おうぎ形の計算が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できる子とできない子の差

勉強が「できる子」と「できない子」の差。 それは決して「才能」ではなく、 やるべきことを「やるかやらないか」の差 だと思います。 先月に行った塾のテスト。 成績表を返す際に、 全員に「解き直し」をしてくるように 言いました。 しかもご丁寧に「ここだけやればいい」 とやる場所まで限定して。 既に1ヶ月近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在進行形は難しい

冬期講習中、中2生には 英語の復習を行いました。 今年の入試はあと2ヶ月で終わります。 次は今の2年生が「受験生」です。 すでに、彼らが受験する入試の日程も 発表されています。→こちら 他の2年生がまだ受験を意識していない 今の時期から、少しずつ準備をしていく。 「先んずれば人を制す」です。 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more