テーマ:指導

左手の位置

テストが近いので、塾で長時間勉強している 生徒がたくさんいます。 そんな生徒たちを見ていて気になるのが、 「左手の位置」です。 特に多くてビックリしているのが 「左手を椅子の上に置く」生徒です。 腹筋だけでは体を支えられないので、 左手も使って体を支えているようです。 当然姿勢は悪くなります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想以上に…

テストが近くなってきたので、 テスト範囲が出た学校については 「小テスト」を行っています。 回収して、どこで間違えているのかを チェックしているのですが、 間違えている所以上に気になるのが、 「◯つけがデタラメ」な点です。 間違えているのに◯をしていたり、 赤で直してある答えが間違っていたり、 間違えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生指導の見分け方

中学校から通っている生徒の中には、 小学校の時に、別の塾(くもんが多い)に 通っていた生徒が何人かいます。 ですが、残念なことに 「しっかりとした指導を受けてこなかった」 と感じる生徒が一定数います。 いくつか見分けるポイントがあるのですが、 最初に見るのが「ノートの使い方」です。 猿田塾の場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分の意見を述べる」には

来年度から始まる学習指導要領の中では、 「自分の考えをまとめて、意見を述べる」 ということが重視されています。 これまでの教育は「知識偏重」であり、 与えられた問いに対する「答え」を どれだけ知っているかが重視されてきました。 そのため、 「自分の頭で考え、表現する」ことが できない学生が育成されてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理科はなぜ難しい?

夏期講習では、普段あまり指導していない 「理科」について教える機会が多いです。 教えながら、 「理科を苦手にする子が多いのはなぜか?」 ということを考えました。 何となく気づいた点を挙げてみます。 ①公式、基礎知識が身についていない まずはここです。 公式や基礎知識がしっかりと 身についていない子が多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解く速さ

猿田塾は「問題演習」中心の塾です。 他の塾よりも、生徒が問題を解く姿を 見る機会が多いと思います。 なので、生徒の問題を「解くスピード」が 感覚的に何となくわかってきます。 問題を解くスピードは 「速すぎても遅すぎても」 ダメです。 優秀な生徒に共通しているのは 「予想通りのスピードで解いている」 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ほめて伸ばす」と言うけれど

先日、あるコラムを目にしました。 曰く 「生徒をまずは『ほめる』こと。  ほめると、生徒の承認欲求も満たされ、  やる気が出る」 「怒るのは『トラウマ』が残るだけなので  避けるべき」 「ほめることは費用もかからず、  すぐにできることだから実行しない手はない」 等々、「ほめる」こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自信の有無

明日は多くの学校で 1学期期末テスト、復習テストが 実施されます。 生徒たちは最後の追い込みに 入っています。 授業の前に、生徒には 「どんな感じ?(順調に勉強が進んでいる?)」 という質問をします。 ほとんどの子は 「う~ん…」 と言って、お茶を濁します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書くスピード

中学1年生の勉強を見ていて 気になるのが「書くスピード」です。 丁寧に書くのはいいのですが、 ちょっと丁寧すぎて、 問題を解くスピードが上がらず、 やりたいことが最後まで終わらない、 というケースが出てきます。 これは、特に女の子に多い現象です。 小学校まではそれでも大丈夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標設定の難しさ

テストが終わって少し経ちますが、 どうも全体的に緩んでいる気がします。 勉強していても「覇気」が感じられない 生徒が多い気がしています。 暑くなってきたり、部活の大会で忙しかったり するので、体力的にキツいということも あるかもしれません。 ですが、どうも「タラタラ」している子が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり大事なのは…

理科で、「圧力」がテスト範囲の 学校があります。 圧力は計算があり、苦手にする子が 多い単元です。 理由①公式をしっかりと覚えていない 理由②「単位」まで意識していない まず、公式をしっかりと覚えていなければ 計算を解くことは出来ません。 塾に来る子は、だいたい公式は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェックテストから見えてきたもの

今年度から、テスト対策期間中に 「チェックテスト」を解いて もらうようにしています。 「勉強の進捗状況を把握する」ことと 「つまずいている部分がないか確認すること」が 主な狙いです。 やってみると、色々と気づくことがありました。 まず英語については 「熟語表現」が思ったより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休中の宿題

猿田塾は、連休に合わせて 来週4/29(月)~5/4(土)まで 1週間お休みします。 子供達も学校が10日間休みになります。 そうすると悩ましいのが「宿題」です。 とりあえずたくさん出しておけば、 保護者受けもいいだろうし、 出したこちらも「やった感」が出るのでいいのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伸びる子と伸びない子の差

4月になり、みんな同じタイミングで 新学期の勉強を進めています。 特に中学1年生に関しては、 最初のうちはほぼ同じくらいの難易度の ことをしています。 新学期の内容を始めて2週間ほど 経ちましたが、既にこの時点で 結構な差が生まれてきています。 指導していく中で 「こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速く、正確に

中学1年生の進み具合を見ていると、 改めて、色々なことに気付かされます。 1年生はほぼ同じ時期から 同じ内容を進めているのですが、 男女によって進み具合が異なります。 男の子は比較的速く進んでいきます。 特に数学はまだ計算が中心なので、 どんどん進んでいくイメージです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れるよ

1年生はまだまだ中学での勉強に 慣れていないようです。 毎回、生徒には宿題を出していますが、 英語は「単語」を覚えてくるように 指示しています。 先日、宿題に出していた部分の 単語チェックをしました。 1年生の生徒に「覚えてきたか?」と質問をすると 「はいっ!」と元気のいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個性

今年は中学1年生の生徒が多いです。 1年生の生徒には、 最初に「中学での勉強のやり方」を 指導しています。 ここがしっかりと身につくかどうかで 中学の成績が変わってくると 思っているので毎日必死です。 面白いもので、同じものを見せて、 同じように指導しているつもりでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鬼モード」発動!

期末テストは、全体的にイマイチな結果でした。 指導する私の中に「油断」が あったような気がします。 「生徒達を盲目的に信頼しすぎてしまった」 と反省をしました。 また、褒めて伸ばそうと思って 生徒達に接してきましたが、 ちょっと褒めすぎて結果的に「甘え」に つながってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自立」と「管理」

当塾は「自立学習」を目標にした 指導を行っています。 「自立学習」というと、 明確な定義はまだないと思うのですが、 自分の中では、 ・自分のやるべきことを自分で理解し、 ・周りから言われなくても、自分から勉強する ことだと考えています。 人間は何事も「やらされる」のが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「質」を上げる

期末テストの結果が返ってきています。 全体的に、前回よりも点数が 下がっている子が多いです。 学年末のテストは難易度が上がるので、 テスト自体が難しかった、という 面もあると思います。 ですが、一番大きな原因は 勉強の「質」が悪かった、 ということではないかなと感じています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自ら動く

このところ、生徒から色々な リクエストを受けます。 「〇〇がわからないので、教えて下さい」 「この問題をやりたいのでコピーして下さい」 「問題を解いたので、添削して下さい」 「ここの単元を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根比べ

生徒のテスト勉強を見ていると 「?」ということが多くあります。 「こういう風にやったらダメだよ」 ということをやってしまっている子が います。 それを見つける度に注意する。 注意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめることは難しい

先日、こちらの本を読みました。 「野村克也からの手紙」 野村監督の本は、 「指導者」「リーダー」としての立場から 示唆に富んだ言葉が多く、 とても参考にしています。 そして、この本の中にも、 「本当にそうだな」と 思った言葉がありました。 それがこちら。 選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伸びる子、伸びない子

新しくお子様を預かった時、 最初に確認しているところがあります。 それは 「答え合わせがしっかりとできるか?」 というところです。 勉強が「できる」子と「できない」子の差は 間違いに「気づく」か「気づかない」かという点が 大きいと思っています。 「できる」子は 自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉の使い方

塾講師が一番気をつかうのは 「言葉の使い方」だと思います。 同じことを伝えようとしても 話しかける子供によって 話す内容が変わってきます。 実はこの時に一番「学力の差」を 痛感すると言っても過言ではありません。 全く同じ話をしたとしても 伝わる子と伝わらない子が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「場」の持つ力

昨日は小学生の授業が早い時間にあり、 その後に中学生の授業、 という1日でした。 小学生が勉強している時に、 次の時間から授業だった中学生が 早めに来ました。 そして、小学生が勉強している姿を 見て一言。 「圧倒されますね…」 ☆中学生を圧倒した小学生の様子☆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見極める

子供達を見ていて 難しいのは 「大丈夫です」という言葉。 実際には「大丈夫じゃない」 ケースが多い。 例えば「ちょっと難しいかな…」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「感謝」の効果

以前出たセミナーで 講師をされた先生が 「『サンクスカード』というのを 毎回の授業終わりに生徒に 書いてもらっています。」 という話をされていました。 何となく「いいなぁ」と思ったので、 早速マネをして、 生徒たちに毎回書いてもらっている 授業終わりの感想に 「今日1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミス」について

テストが返ってくると、 生徒達にはテストの反省を 書いてもらっています。 今回良かった所、 悪かったところを分析して、 次のテストに活かしてほしい と考えているからです。 その中で、よく出てくる言葉として 「ミス」が挙げられます。 「計算ミスをしてしまった」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講師の仕事

1学期期末テストが近づいてきました。 昨日から、テスト対策勉強会「カンヅメ」 が始まりました。 この勉強会では、 基本的にやるべき科目・内容など 生徒に任せるようにしています。 まず生徒自身が考えて行動する。 もしかしたら遠回りになるようなことが あるかもしれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more