中1の指導

中1の生徒が入り始めました。

最初のテストを終えて、

心配になった保護者の方からの

問い合わせも増えています。



中1の生徒を教えて感じたのは

「早い段階で教えるのはやりやすい」

ということです。



中1の1学期であれば、

学習内容がそこまで難しくありません。

なので、パッと見た時に

どこを間違えているのかを

判断しやすいです。



また、「変なクセ」がついていないので、

こちらが教えたやり方を

まずは素直に受け入れてくれます。



これが学年が上がってしまうと、

自分なりの「型」のようなものが

できてしまい、それを直すのに

とても苦労します(直らないまま終わる子も)。



さらに、中1であれば

小学生の延長のような子が多いので、

まだこちらの言うことを素直に聞いてくれる

子が多いです。



中1の初期段階でつまづくほとんどの原因が

「練習不足」です。

なので、ある程度の練習量を確保していけば、

確実に成績は上がります。

早い段階であれば、その練習量を

「当たり前」のものとして習慣化

させやすいです。



なので、

「中1から通ってもらえると、だいぶ違うかな」

ということを、あらためて思いました。

ともやくん、誕生日おめでとう!

ともやくん、誕生日おめでとう!

部活も終わり、いよいよ受験勉強に

集中できる環境になりました。



部活をやっていた時から

頑張ってやっていたので、

時間に余裕ができたこれからは

もっと伸びると思います。



着実に1つ1つ成長していこう。

応援しています!