積み重ねの差

生徒が問題を解いたノートを、

毎回チェックしています。

地味な作業で、手間もかかります。

4A60D986-EC8F-4B0E-B897-2ACACA3BD186.png

48CC0DA2-6A49-4FD3-ADAA-E87A0E50CD78.png

6B9D1FD6-C64A-490A-AA0F-108CD994AC72.png

0E8B86CF-C521-4334-8D70-96A9254BAFDD.png

ですが、チェックをしてみると、

生徒がどこでつまづいているのか、

よく理解できます。



「わかった?」と聞くと、

大抵の生徒は「わかった」と言います。

ですが、実際に問題を解かせると解けない、

ということは往々にしてあります。



困るのは「間違えているのに◯をする」場合です。

この場合、気をつけないと

できないまま放置されてしまいます。



成績の良し悪しを図る部分は色々ありますが、

「きちんと◯つけができるかどうか」

という点が一番大きいように思います。



成績が良い生徒の場合、

◯つけのミスはほとんどありません。

なので、間違えた問題を確認すればOKです。

しかも、生徒自身が

「自分はどこを間違えたのか」を

必ず確認しているので、

同じ間違えをする確率が下がります。



一方、成績が伸びない生徒の場合、

一見すると◯だらけのノートですが、

チェックすると、間違えているのに

◯をしていることがたくさんあります。

また、「自分がどこを間違えたのか」

についてきちんと詰めていないので、

同じ間違えを繰り返します。



こうした「ちょっとしたところ」の差が

積み重なって、徐々に大きな差になっていく。

地味な積み重ねこそが、

結局は一番大事なのだということ。

生徒のノートをチェックしていると、

改めてそのことを感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント