「文法力」の鍛え方

以前の記事の続きです。

最後は「文法力」になります。



文法は中学に入ってからきちんと学びます。

また、小学生には内容的に少し難しいので、

あまり教えていないように思います。



ですが、「主語」「述語」「目的語」といった

文の要素くらいは、小学生のうちに知っておくと

いいと思っています。



というのも、

「主語」「述語」「目的語」であれば、

見分けるのがそんなに難しくないからです。



また、ここを抑えておくと、

英語の文法を学ぶ時に比較して覚えることが

できるので、英語の勉強がしやすくなると

思っています。



で、具体的な指導法ですが、



①「出口先生の頭がよくなる漢字」を解く

「漢字力」の鍛え方のところでも話しましたが、

こちらの問題集には、言葉を並べ替えて

文章を作る単元があります(STEP3)。

DSC06422.JPG

ここの部分をきちんと解けば、

自然と「主語」「述語」「目的語」について

理解できるようになります。



②「はじめての論理国語」を解く

61F1H22z6tL.jpg

「頭がよくなる漢字」が終わったら、

次に「論理国語」に取り組んでもらいます。


IMG_E2752[1].JPG


IMG_E2753[1].JPG

こちらは小4の内容になりますが、

ご覧のように「主語」「述語」「目的語」が

学べるようになっています。



この問題集のいいところは、

「同じ単元を、学年ごとに難易度をわけて、

徐々にステップアップしていくことができる」

という点です。



下の学年のものから解いていけば、

同じ単元のところを何度も繰り返し

練習できるようになっています。



学年は「目安」くらいなものなので、

その子に応じて解きやすいところから

スタートしていくことができます。



実際にうちの生徒にも「2つ下」の学年を

目安にスタートするようにしています。



文法以外にも、論理的な思考を高める

内容になっているので、

ある程度国語力があるお子様には

オススメの問題集になります。



結果的に出口先生の問題集ばかりを

宣伝するようになってしまいましたが、

「国語」を体系立てて学ぶには、

出口先生の問題集が一番いいかな、

と個人的には思っています。