「先生」と呼ばれること

生徒は自分のことを「先生」と呼ぶ。

保護者の方もそう。

その度に、なんとも言えない「違和感」を感じている。

「自分は本当に『先生』なのだろうか…」



自分は教員免許を持っていない。

大学は法学部だったので、

教員免許を取るには教育学部の単位も取らなければならず、

通常の「倍」の単位を取らなければならない、

と言われて、取る気が失せた。



自分はただ子どもたちに「勉強のやり方」を

教えているだけ。

教員免許も持っていない自分が果たして

「先生」と呼ばれていいのだろうか…。

呼ばれるたびにそうした感情になる。



そもそも「先生」と呼ばれることが

あまり好きじゃない。

テレビの影響だろうか、

「『先生』と呼ばれる人はろくなもんじゃない」

そういう刷り込みがある。



では、どのように呼んでもらおうか。

ちょっと考えたことがある。



最初に浮かんだのは「塾長」。

でもな~、「塾長」といえば

我々世代では「江田島平八」になる。

「わしが猿田塾塾長、猿田典明である」

ネタにもならない。



「室長」というのもあるが、

イマイチピンとこない。



本音を言えば、生徒には「さるちゃん」

と呼ばせたい。

親しみを持たれているようで、いいではないか。

でもな~、指導者には「威厳」が必要なのに、

「さるちゃん」じゃあ舐められるよな…。



なかなか、「これ」というものがないので、

とりあえず流れに任せて「先生」と呼んでもらっている。

自分で「先生はね…」と言うのは、

顔から火が出るほど恥ずかしいので、

「おっさん」「おじさん」と言ってごまかしている。



「先生」と呼ばれるたびに、心の中で

「教員免許持ってないけど、スイマセン」と

謝っている。

教員免許がない自分が「先生」と呼ばれることは、

一種のコンプレックスだと思う。



だけど、最近、「それでいいのかな」

と思うようになってきた。



「先生、先生」と言われ続けると、

勘違いをし、調子に乗り、慢心を持ってしまう。



「『先生』と呼ばれていいのだろうか…」

と常に違和感を持ちながら、

「少しでも『先生』と呼ばれるにふさわしい

人間になるように努力しよう」

そう心がけている方が、謙虚でいられる。



そのように思っている。

「ワーク」でわかる、塾の方針

最近入塾した生徒。

別の塾で使っていたワークが、

うちの塾で使っているものと同じだったので、

「使い回そう」と思い、持って来てもらうことに。



そして次の授業、

「さっそく使おう」と思って開いてもらうと、

解いてもらおうと思っていたページには

すでに書き込まれてしまっていました。



「これじゃ、繰り返し解けない…」

結局、塾のワークを貸しました。



「ワーク」(問題集)の使い方を見れば、

その塾の様子が何となくわかる気がします。



ワークを1回解いただけで身につく生徒はまずいません。

繰り返し解くことが大事です。

猿田塾では「3回」を目安にするように

指導しています。



なので、うちの塾では

ワーク本体に直接書き込ませることは

ほとんどありません。

必ず「ノート」を用意してもらいます。

「繰り返し」を大事にする塾であれば、

おそらくどこも同じだと思います。



ワークに「直接書き込ませている」塾は、

個人的には「?」という気がします。

どうやって繰り返し練習させているのか。

色々な問題集を使っているのか。

何か別のプリントのようなものがあるのか。



「1回教えればOK」と考えているのだろうか?

もしそうだとしたら、それで身につくのかな、

と思います。



もし、お子様が通っている塾のワークを見て

直接書き込んであるようであれば、

「どのように指導しているのですか?」

と聞いてみた方がいい気がします。



論外なのは、「コピー」を渡して

済ましているところです。



以前あった話ですが、

転塾してきた生徒のテキストを確認しようと

「前の塾ではどんなテキストを使っていた?」

と聞くと

「コピーしてもらったプリントを解いていた」

という話を聞いて、絶句したことがあります。

おそらくこれは「著作権法違反」になると思います。



まずワークは「購入」して、生徒に持たせるべきです。

そうしなければ、教材会社が困ってしまいます。

「こんな基本的なこともわからないのか…」

と絶望的な気持ちになりました。

しかも「大手」の塾だっただけに、よけい残念でした。



塾の指導方針が端的に表れる点だと思うので、

塾を選ぶ際には「ワーク」の使い方を

確認した方がいいかもしれません。


小学生で国語が得意な子にはこれ

4回にわたって

「小学生の国語の勉強法」について

お話ししてきました。

その中で紹介した問題集を利用していただければ、

かなり国語力は鍛えられると思います。



その上で、

「さらに難しいことがやりたい」

「国語が得意なので、もっと勉強したい」

というお子様には、「ふくしま式」の問題集を

オススメします。

71I-DPB421L.jpg

91neGAhFvyL.jpg

51GAG1VE3UL.jpg

神奈川県で「ふくしま国語塾」をされている

福嶋隆史先生が書かれている問題集です。



国語の力を

「いいかえる力」

「くらべる力」

「たどる力」

という3つの力に分類し、

この3つを徹底的に練習する

内容になっています。



はっきり言って、こちらの問題集は

かなり難易度が高いです。

大人が解いても難しいものもあります。

実際に何名かの生徒に解かせていますが、

赤だらけになります。



ですが、この問題集で鍛えておけば、

大学入試までの「記述問題」の基礎は

築かれると思いますし、読解でも

ポイントを抑えられるようになると思います。



3冊写真を挙げましたが、

写真の順番で

「小学生版ベーシック→小学生版→小学生版2」

と解くのがいいと思います。

「ベーシック」は比較的解きやすいので、

とっつきやすいです。



この問題集はかなりおすすめですが、

内容が難しいので、ある意味

「解く子を選ぶ」問題集とも言えます。

ですので、学力が高めのお子様は

チャレンジしてみてください。



ちなみにですが、

うちの塾で小学生から通っている何名かに

こちらの問題集を解かせています。



中学生になった子も何人かいますが、

彼ら彼女らのテストは

全員「平均400点以上」です。

なので、使いこなせば十分結果の出る

問題集だと思います。

「文法力」の鍛え方

以前の記事の続きです。

最後は「文法力」になります。



文法は中学に入ってからきちんと学びます。

また、小学生には内容的に少し難しいので、

あまり教えていないように思います。



ですが、「主語」「述語」「目的語」といった

文の要素くらいは、小学生のうちに知っておくと

いいと思っています。



というのも、

「主語」「述語」「目的語」であれば、

見分けるのがそんなに難しくないからです。



また、ここを抑えておくと、

英語の文法を学ぶ時に比較して覚えることが

できるので、英語の勉強がしやすくなると

思っています。



で、具体的な指導法ですが、



①「出口先生の頭がよくなる漢字」を解く

「漢字力」の鍛え方のところでも話しましたが、

こちらの問題集には、言葉を並べ替えて

文章を作る単元があります(STEP3)。

DSC06422.JPG

ここの部分をきちんと解けば、

自然と「主語」「述語」「目的語」について

理解できるようになります。



②「はじめての論理国語」を解く

61F1H22z6tL.jpg

「頭がよくなる漢字」が終わったら、

次に「論理国語」に取り組んでもらいます。


IMG_E2752[1].JPG


IMG_E2753[1].JPG

こちらは小4の内容になりますが、

ご覧のように「主語」「述語」「目的語」が

学べるようになっています。



この問題集のいいところは、

「同じ単元を、学年ごとに難易度をわけて、

徐々にステップアップしていくことができる」

という点です。



下の学年のものから解いていけば、

同じ単元のところを何度も繰り返し

練習できるようになっています。



学年は「目安」くらいなものなので、

その子に応じて解きやすいところから

スタートしていくことができます。



実際にうちの生徒にも「2つ下」の学年を

目安にスタートするようにしています。



文法以外にも、論理的な思考を高める

内容になっているので、

ある程度国語力があるお子様には

オススメの問題集になります。



結果的に出口先生の問題集ばかりを

宣伝するようになってしまいましたが、

「国語」を体系立てて学ぶには、

出口先生の問題集が一番いいかな、

と個人的には思っています。

「語彙力」の鍛え方

以前の記事の続きです。

猿田塾でやっている「語彙力」の指導は

以下の通りです。



①「言葉力1100」を解く。

51IJ2Pqpd-L.jpg


71wBn0QML1L.jpg

漢字に問題がない生徒に関しては、

あわせてこちらの問題集も解いてもらっています。

その言葉がどのように使われているのかを

感じながら、意味を確認できる問題集と

なっています。

また、すぐに答えが確認できる位置にあるので、

スイスイと解ける問題集だと思います。



②「言葉力1100」で出てきた言葉を

使って文を書く。


ただ問題集を解くだけでは、語彙は身につきません。

実際に「書いて使う」ようにすることが大事です。



「言葉力1100」が一通り終わったら、

今度は、その中で出てきた言葉を使って

文を書いてもらいます。



ただ、いきなりそれをやっても、手が止まってしまう

生徒がほとんどです。なので、

「辞書なり、問題集に載っている例文なり、

とにかくまずはマネをして書く」

ように指導しています。

とにかく「書く」ことを重視しています。



③「指定した言葉」を使って文を作る。

これはある程度「できる子向け」の指導です。

「言葉力1100」と「辞書」の中から、

こちらでランダムに選んだ言葉3つを使って

100字の作文を書いてもらいます。



これはかなり難易度が高いです。

最初のうちはヘンテコリンな文章しか書けませんが、

添削していくうちに、きちんとした文が

書けるようになっています。

語彙力と同時に「記述力」も鍛えられます。



ここまで到達できる生徒はほとんどいません。

ですが、ここまでやった生徒の

中学の成績は国語の平均点は80点以上、

5教科400点以上なので、

結果が出る練習法だと思います。

※ちなみにもっというと、

作文でも表彰されていたと思います。



「漢字力」に関しては、全生徒に指導していますが、

「語彙力」については、

「漢字がきちんと書ける生徒」に絞って

指導しています。

漢字が理解できないと、語彙力を鍛えるのは

かなり厳しいと思います。



※評価が高い語彙力の本※

指導には利用していませんが、

塾講師の間で評判がいいのはこちらの本です。

「マンガでわかる!10才までに覚えたい言葉1000」

913z9IqAjXL.jpg


91nX2y0HWYL.jpg

語彙ごとにマンガがついているので、

言葉のイメージはつかみやすいと思います。



塾にも一応置いてあるのですが、

正直自分があまり楽しめなかったので、

授業では使っていません。

自分が「いいっ!」と思ったものでないと、

生徒には見抜かれてしまうので。



気軽に読める内容だと思うので、

ご家庭に置いておくにはいいかもしれません。

というのも私がことわざを覚えたのは、

家に転がっていたこちらの「ことわざ辞典」

というマンガを繰り返し読んで

覚えた記憶があるので。



漢字もそうですが、語彙力も

「毎日コツコツ続ける」ことが大事です。

以前、あるご家庭のお母さんの話として、

「前に習った言葉を使って、朝学校に行く前に

例文を言わせてみる」

という取り組みが紹介されていました。



ちょっとしたことかもしれませんが、

そうした「積み重ね」が語彙力の強化に

つながると思います。

「漢字力」の鍛え方

昨日の続きです。

猿田塾でやっている「漢字力」の指導は

以下のとおりです。



①「出口先生の頭がよくなる漢字」

を使って問題を解く。

51SA2H8vl-L._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

「国語の勉強をする時に、オススメの教材がありますか?」

という質問があったら、真っ先に挙げるのがこちらです。



「漢字」の勉強ができるのはもちろんのこと、

「熟語」「文法」も同時に練習することができます。

小学生のうちに身につけておきたい国語力を

この1冊ですべて学ぶことができるので、

非常に重宝しています。



「STEP1」で新しく出てきた漢字を練習します。

DSC06420.JPG




「STEP2」では、「STEP1」で練習した漢字を、

熟語の形で書くように練習します。

カタカナで表記されている選択肢を

「漢字に変換して」書く必要があります。

DSC06421.JPG




「STEP3」では、今まで練習した漢字を使って、

文を組み立てます。

この時に「主語」「述語」「目的語」が入るところは

指定されているので、自然と文法を意識できるような

仕組みになっています。

DSC06422.JPG



②ノートを使って漢字練習

漢字は「反復練習」が大事なので、

ある程度問題集が進んだら、ノート(150字)に練習します。



ただ「漢字だけ」練習しても覚えられないので、

「STEP2」で練習した、熟語の形をノートに書いて

練習してもらいます。

DSC06423.JPG

このような感じです。

こちらは一番丁寧に練習していた子のノートなので、

全員がこんなにきっちりやっているわけではありません。



ほとんどの子が「ノートを埋める」だけで満足していますが、

この子はきちんと「熟語」の形で練習しているので、

一番下の部分、ノートをはみ出して練習しています。

このように「自分で考えて」練習できる子は伸びます。



ちなみに、この生徒は現在中2ですが、

だいたい学年10位以内には入っています。



こんな感じです。

小学校から通っていて、

しっかりと漢字練習をしていた生徒は

中学で国語に困っている印象はあまりないです。



※興味がある「ミチムラ式漢字学習法」※

最近、ある雑誌で知ったのですが、

「ミチムラ式漢字学習法」というものがあるそうです。



だいたいの生徒は、

「出口先生の頭が良くなる漢字」を使った

漢字練習法でいけるのですが、

「漢字が苦手」「勉強がキライ」という生徒に関しては、

「身を入れて書かない」ので効果が上がらない、

という悩みがありました。



「書かせるのがキツイ生徒に、何かいい勉強法はないかな…」

と思っていた時に出会ったのがこちらの学習法です。



「漢字をパーツに分解して読ませる」

ことで漢字を覚えさせる、といった方法です。



漢字が苦手な生徒に説明する際に、

例えば「公」という漢字だったら、

「ハム」というように伝えたら理解できたので、

そんな教材ないかな、と思っていたらあった、

という感じです。



教材は購入したのですが、まだ生徒に試していないので、

効果があるかどうかは正直わかりません。

ただ「苦手な子でもとっつきやすい」教材だと思うので、

漢字が苦手なお子様には、

一度試してみていただきたいと思います。

小学校で身につけておきたい国語の力

最近、新しい生徒が少しずつ増えてきました。

新しい生徒を指導するにあたり、

最初に意識するのがその生徒の「国語力」です。



国語力が高い生徒は、

将来的に伸びる可能性が高い

と考えています。

逆に国語力が低い生徒は、

現状がよくても将来的に伸び悩む、

と感じています。



以前、同じくらいの学力の生徒ニ人を

指導したことがありました。

塾に入った時のニ人の学力は同じくらいでした。

「平均点をやや下回る」といった感じです。



ところが、指導していく中で、

二人の差が徐々に広がっていきました。



二人とも

同じように塾では授業に真面目に取り組み、

同じようにたまに宿題を忘れ、

同じように家ではダラダラしていました。



それでも、テストになると差が出る。

点数にして30~50点くらいの開きが出ました。



その差は何だったのか。



順調に伸びた生徒は「読書」をする習慣がありました。

塾の休み時間にゴソゴソと本を取り出して

読んでいることがありました。



一方伸び悩んだ生徒が本を読んでいる姿を

見ることはありませんでした。

家の様子を聞いても「動画ばかり見ている」

とのことでした。



順調に伸びた生徒は、

1つ上の高校も十分狙えるだけの実力をつけた上で、

目標とする公立高校に余裕で合格。

一方伸び悩んだ生徒は、

公立高校の受験をあきらめ、私立高校へ進学しました。



中学生になり、同じように勉強に取り組んでも、

「国語力」が身についているかどうかで

大きな差が出る。

そのことを肌で感じた出来事でした。



このように、将来の成長に大きく影響する「国語力」ですが、

小学校のうちに国語の力を高めておく必要があります。



中学になってから国語を伸ばそうとしても、

・英語や数学の勉強に時間がかかるので、国語をやる時間がない

・「どのように国語を勉強すればよいか」がわからない

・時間的余裕がない。国語を練習しても「結果」が出にくいので、

 受験を考えると、他の教科(理科や社会)を伸ばす方向になる。

・「結果が出ない」ので、生徒のモチベーション維持も難しい

という理由から、国語の勉強は後回しにされます。



時間に余裕があり、内容的に易しい小学校のうちに

どれだけ「国語力」を高めておけるかが、

中学以降の伸びを決めると思います。



「国語力」といっても色々ありますが、

私が考えている、最低限小学校のうちに

身につけておいて欲しい「国語力」は

「漢字力」

「文法力」

「語彙力」

の3つになります。



塾に通っている小学生には、まずこの3つを

身につけさせるように指導しています。



長くなってきたので、

具体的にどのように教えているかは、

明日以降、お伝えしようと思います。