中3はいきなり正念場

自宅でも勉強できるように、

生徒の課題を準備し、連絡しています。



今のところ、心配していたよりも

みんなきちんと進めてくれているので

感心しています。

「うちの塾の生徒は真面目だな~」

と心の中で自画自賛しています。



学校の課題は「復習」中心だと思いますが、

1ヶ月の出遅れはキツイので、

塾の方では「予習」ペースで課題を出しています。



その中で、中3の生徒に課題を出しているのですが、

「最初の単元からキツイな…」

という印象を改めて受けています。



例えば英語。

中3で最初に習う文法は「受け身」です。

日本語でも表現としてありますが、

あまり意識しない部分です。

なので、まず日本語として理解するのに

時間がかかります。



また、「過去分詞」が新たに出てきます。

規則動詞であれば「ed」をつけるだけなので

そんなに苦ではないですが、

不規則動詞になると、また1つ1つ

覚えていかなくてはなりません。



理解するのに時間がかかり、覚える量が多い。

この2点が「受け身」を苦手にする

理由ではないかと思います。



次に数学ですが、

最初の単元は「計算」中心なので

他の単元と比べればそこまで難しくないです。



ただ「乗法公式」が出てきます。

これを覚えられない生徒が多い。

「乗法公式」が覚えられないと、

このあとの「因数分解」「二次方程式」が

解けません。

なんとしても身につけなければならない

公式ですが、なかなか身につきません。



ここはくり返し練習して

自分の感覚として身につけるしかありません。



休校期間中に「受け身」と「乗法公式」までは

進めておこうと思っていますが、

きちんと身につくように(特に乗法公式)、

何度も練習してほしいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント