不規則動詞

中2のみなさんには、

春休み中に「不規則動詞」を

覚えておくことをオススメします。


84D8F6CB-223B-44DD-B04F-4D5E6BA9DEEA.jpeg

上の写真のように、

教科書の後ろの方(P144,145)に

不規則動詞の表が載っています。

これを「全部」覚えてください。



というのも、

中3になってから最初の方で

英語は「受け身」「現在完了形」という

文法を習います。

この際に「過去分詞」という

新しい動詞の活用形が出てきます。



普通の動詞であれば過去形と同じ変化

(語尾にedをつける)なのですが、

不規則動詞の場合は違った形で変化するので、

それぞれ覚えていく必要があります。



テストには「不規則に変化する」もの、

つまり不規則動詞を使った問題がよく出ます。

なので、2年生のうちに過去形までの形を

一通り覚えておかないと、

中3の最初でいきなりつまづくことになります。



塾の生徒たちには、教科書の表を利用して

不規則動詞を覚えてもらっています。


9718AA00-0948-4BAF-9094-D03C3C8E82DC.jpeg

教科書に載っている内容なので、

特にお金もかかりません。

不規則動詞はとにかく「覚える」しかないので、

春休み中にぜひマスターしておいて

ほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント