過ぎたるは猶及ばざるが如し

塾の専門雑誌「塾と教育」11月号に

興味深い記事が載っていました。



「全国学力調査の正答率(国数英)と

 1日の部活動の時間」

との関係についてです。

それがこちら。

461552D9-EF2B-47E5-9701-1D43888FE0C4.jpeg

棒グラフの数字が「正答率」、

横軸が「部活の時間」となっています。



部活の時間が

Aは「3時間以上」

Bは「2時間以上3時間未満」

Cは「1時間以上2時間未満」

Dは「30分以上1時間未満」

Eは「30分未満」

Fは「全くしない」

となっています。



国数英どの教科も

「C(1時間以上2時間未満)」の

正答率が一番高い結果となっています。



記事にも赤線を引きましたが、

「3時間以上の部活動が

 中学生の学習を阻害している」

ということは、データでも示されたと思います。



「3時間以上の部活」をする生徒と、

「部活を全くしない」生徒の正答率は

ほぼ同じくらいです。



部活に関しては文科省より

ガイドラインが示されており、

一応の指導はされている形となっています。

ですが、実際にきちんと守っている学校は

ほとんどない、という気がします。



例えば、ガイドラインでは

「週当たり2日以上の休養日

 (土日は1日以上)を設ける」

となっています。

今はテスト前なので土日も塾に来て

勉強できるようにしていますが、

「土日に急に部活が入ったから、

 行けなくなりました。」

という声を生徒からチラホラ聞きます。



「部活をやるな」と言う気は

さらさらないですが、

少なくとも「1日3時間以上、土日休みなし」

という部活に入る場合には、

ある程度勉強面については

目をつぶる必要があるのかな、

という気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント