左手の位置

テストが近いので、塾で長時間勉強している

生徒がたくさんいます。



そんな生徒たちを見ていて気になるのが、

「左手の位置」です。



特に多くてビックリしているのが

「左手を椅子の上に置く」生徒です。

腹筋だけでは体を支えられないので、

左手も使って体を支えているようです。

当然姿勢は悪くなります。



このような生徒は、

「あまり長時間勉強したことがないんだろうな」

と思います。

「鍛えられていない」という印象を受けます。



実際に集中力が続かないのか、

ミスが多かったり、途中からぼんやりしたり、

効率のよい勉強ができなくなってしまっています。



逆に成績がいい生徒は、

長時間経っても姿勢があまり乱れません。

左手は机の上にあり、教材に添えている

ことが多いです。



勉強を教える前にまず「姿勢」を正す

ところから始める。

「このくらいのことは、

 最低限身につけてきてほしいな…」

と正直思うところもありますが、

とても大事なことなので指導しています。



勉強しているお子様の姿勢が乱れていないか。

ご家庭でもぜひチェックしていただきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント