成長

夏期講習も全体の1/3が

終わりました。

指導していると、

生徒たちの成長を感じさせる瞬間に

出会う機会が多くなってきました。



英語を苦手にしていた子が

単語、英文をたくさん覚えられた時。



数学の計算が苦手だった子が

ほとんど計算で間違えなくなった時。



国語の記述に課題があった生徒が、

自分の意見をきちんとまとめられるようになった時。



答え合わせが雑で、

間違えているのに「○」をしていた子が、

丁寧に答え合わせができるようになった時。



問題を解くのが遅い生徒が、だいぶ速く

解けるようになってきた時。



理科の計算問題で、解き方があいまいだった子が、

急に理解して一気に問題が解けるようになった時。



一次関数のグラフがなかなか理解できなかったのに

スラスラと書けるようになった時。



英語の長文読解でコツを掴んだのか、

理解が一気に速くなった時。



わり算のひっ算がなかなか解けなかったのに

解けるようになった時。



ちょっとした変化かもしれませんが、

毎日接していると、

「あっ、この子成長している」

と感じられる瞬間に出会うことができます。



これが直ちに結果につながればいいのですが、

現実はそう甘くはありません。

「成長した」と思っても、

思うように結果が出ないことはあります。



今年の夏期講習のテーマは「継続」です。

DSC05988.JPG

夏期講習中、生徒に書いてもらっている

「しおり」の表紙です。



結果が出るか出ないかを超えて、

「努力する」という行為そのものに価値がある、

ということを知ってほしい。

そして、これから先の人生の中でも、

「努力する」という姿勢を持ち続けてほしい。

生徒たちには、そう願っています。