自分で探す

入ったばかりの生徒を見る時に、

一番チェックするところは

「○つけ」のやり方です。



そもそも「○つけ」が正しく

出来ているかどうか。

間違えているのに○をつけていたり、

雑に答えを書いている生徒。

こうした生徒は改善に時間がかかるので、

伸び悩みます。



特に中学生でこの状態だと

かなり厳しいです。

小学生の時にきちんと勉強を

見てもらえなかったんだろうな…

と感じてしまいます。



次に、

「○✕は正しく付けられているけれど、

『どこを間違えたのか』を確認できているか」

をチェックします。



○つけが正確であっても、

「どこを間違えたのか」を確認する

習慣がないと、同じ間違えを繰り返します。

ここも出来ていない子が多いです。



しっかりと○つけができ、

どこを間違えたのかのを確認する習慣が

ついている生徒であれば、

ある程度の読解力があれば

自然と伸びていきます。



小学5年生くらいからは、

ある程度「自分で間違えを探す」

ことが大事になっています。



逆にここがしっかりと出来ていないと

どんなに授業を聞いて「わかった」と

思っていても、

実際に自分で勉強する時に身につけられない、

ということになってしまいます。



中学生になると勉強する量が多いので、

手取り足取り教えてもらう、

という訳にはいきません。

ある程度自分で勉強を進めていくことが

求められます。



「いかに正しい習慣を、小さいうちに身につけさせるか」

ここが大事だと思います。

この記事へのコメント