負荷をかける

一口に「勉強している」と言っても、

その「質」は様々です。



生徒がテスト勉強をしている様子を見て、

一番顕著に差が見えるのが「漢字練習」です。

だいたいどこの学校でも

宿題で漢字が出されていると思うのですが

同じ「1ページ」練習するのでも、

その中身は全然違います。



まず「ただノートを埋めるだけ」の子。

「とりあえず宿題だから」ととにかく

ノートを埋め尽くしたら終わり。

そこには「覚えよう」という意志がないので、

当然覚えられません。

これは「勉強」ではなく「作業」です。

残念ながら、多くの子はこうした

漢字練習を行っています。



ある程度意識が高い子になると

「ひらがなを見ながら漢字を書く」ようになります。

このレベルになると、覚えることを

意識して練習しているので、

「勉強している」と言ってもいいかもしれません。



ただ、よく見てみると、

すでに書けるようになった漢字を

何度も何度も練習していることがあります。

これだと「負荷」のかけ方が甘いので、

効果的な勉強にはなっていません。



では、効果的に漢字練習をしている子は

どのように練習しているかというと、

このような感じです↓

画像


これは「中1」の子の漢字練習帳です。



中1の最初のテストの漢字はだいたい

簡単なことが多く「小学校低学年」程度の

漢字が主に出題されます。



なので、正直、そこまで練習しなくても

ある程度の点数は取れてしまいます。

多くの子が、低学年の漢字をさらっと

練習して終わらせてしまいます。



ですが、しっかりと努力ができる子は

それだけで終わらせずに、

「中1」の教科書で出てきた、

自分がまだ知らない漢字を

中心に練習しています。

これが理想的な漢字練習だと思います。



ちなみに、この子には漢字練習については

ほとんど何も言っていません。

自分で考えて行動しています。

こうした生徒はやはり強いです。



生徒たちには

「頭がいい」と他人を羨むようなことを言う前に、

その人が自分と比べてどれだけ「努力」をしているか、

というところに目がいくように

なってほしいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック